投稿者
 メール
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]

スレッド一覧

  1. ◎━時 計:シャネル、コルム、オメガ、ゼニス、オリス、クストス(0)
  2. 返信ありがとう(0)
  3. ぽろりっ(0)
スレッド一覧(全3)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


ごあいさつ

 投稿者:入船亭扇辰  投稿日:2016年 1月 1日(金)08時04分47秒
  明けましておめでとうございます

本年もよろしくお願い申し上げます


           平成28年  元旦     入船亭扇辰


 

いろはに雑感・630

 投稿者:入船亭扇辰  投稿日:2015年12月31日(木)12時15分56秒
  (い)今年の喋り納めは「浦和市民寄席」。
   「道灌」「鰍澤」の二席。

   ・TOGUROさま

    お楽しみ頂けましたでしょうか?
    毎度のご贔屓に感謝申し上げます。

(ろ)仕事納めは「吉例 ノラや大忘年会」で三K辰文舎。

   プラチナチケットをご入手された皆さまと
   楽しく歌って終わるのは、めでたくていいやね。

   九州、東北からお越しのかたもいらして、
   嬉しく思いました。

   さおり嬢の谷村新司に全て持っていかれましたよ。

(は)不祝儀が多い年でした。

   順番とはいえ、淋しい。

   せめて噺家らしく、明るく偲びたい。

(に)今年もよく働きました。

   皆さまに心より御礼申し上げます。

   来年も元日からお目通りします。
   ご来場お待ちしております。

   皆さま、佳い新年をお迎えくださいませ。



   
 

三井の大黒と鰍沢

 投稿者:TOGUROメール  投稿日:2015年12月26日(土)00時06分17秒
  かわら版1月号を見たら扇辰師匠が三井の大黒を国立小劇場で公演している写真が掲載されていました。きっと威勢のいい職人はだしの政五郎ととぼけたぽんしゆーこと甚五郎の掛け合いが会場内を包み込んだことでしょう。ぜひ、テレビ放映されればいいのですが・・・ 27日、鰍沢を聴かせていただきます。この暖冬を吹き飛ばし、凍えるような寒々しさを感じさせてもらって、年越をさせてもらいます。  

いろはに雑感・629

 投稿者:入船亭扇辰  投稿日:2015年12月23日(水)00時09分14秒
編集済
  (い)本日は冬至。

   さぞ秀句、佳句があろうかと季寄せの例句を見ると・・・。

   まず絶対数が少ない。
   古人、先人は冬至に思い入れがなかったのかしら。

   現代とは家屋の構造が違いますからね。
   常に寒くて、暑かったのでしょうから、
   作句欲を掻き立てられなかったのな。

   それと今の歳時記は東京中心ですから、
   なにかと齟齬が生じるようです。

   少ない例句の中から、扇辰撰。


   母存りき冬至もつとも耀きて   三橋鷹女

   ※ ほっこりした唐茄子! あるいは共の寝床


   柚子湯出て慈母観音のごとく立つ 上田五千石

    ※ 五千石先生は一度お会いしたことがございます
     (師匠のカバン持ちの頃)
       洒脱な、いいかたでした


   一番夜が長い日、あたたかい情景を詠むといいのかしらん。
   あたたかい象徴が「母」なのかな。


   あたしの駄句を。


   門灯の点(と)もり冬至の始まりぬ

   幾度も柚子もてあそぶ独りの湯


   こりゃダメだっ!

(ろ)A案、B案と揉めていた新国立競技場ですがね、
   改めて言いますよ。

   オリンピックなんかしてる場合じゃない。

   東北の復興を!

   もう後戻りはできないでしょうが、
   これで東京に建築業の力が集中するのは変だよ。

   まだ仮設住宅に住まざるを得ないかたが、
   どれだけいらっしゃることか。

   優先順位を間違えています。
   噺家風情でもわかることが、どうしてわからないのか不思議。

   どど~んと儲ける人達よ、せめて利益を東北に。

   「招待」「聖火リレー」等で誤摩化すなよ。

   人として。






 

いろはに雑感・628

 投稿者:入船亭扇辰  投稿日:2015年12月15日(火)23時08分37秒
  (い)12日は石川県小松市・粟津演舞場で天どん師と二人会。
   素晴らしい小屋、聴き上手なお客さまでした!

   写真をFacebook、Twitter に掲載してもらいました。
   ご高覧頂ければ幸いです。

   また伺いたい。

   天どんさんにヨイショしなくっちゃ。

   (あの写真じゃ、しくじったかな)

(ろ)これで年内の遠出は終了。

   今年もあちこちお邪魔しました。

   新潟、岐阜、静岡、山口、山形、福島、栃木、岩手、山梨
   富山、香川、愛知、宮城、鹿児島、長野、石川・・・

   地元新潟ではなんと21回の高座!
   足を向けて眠れませんなぁ。

   これに東京の隣県が加わりますからね、
   噺家は江戸だけじゃ喰えないということがよくわかります。

   更には、スウェーデン、ラトビア、ドイツ、チェコ。

   ありがたいことです。

(は)某所でのこと

   お世話人さんがお気遣いくださいましてね。

   「二席ですから出囃子を違うものにしましょうよ」

   ま、こちらはそんなにこだわりはないのですが、
   せっかくのお申し出ですからね。

   「それじゃ、二席目は師匠(扇橋)の『俄獅子』にしましょう」

   実は客席に扇橋の娘さんご夫婦、お孫さんもいらしていました。
   喜んでいただけるかなと思いまして。

   さて、いざ本番。

   音響スタッフさんが曲を間違えました。
   それもよりによって『スーダラ節』!

   台無し。

   平身低頭謝られちゃ、文句も言えません。

   今年一番驚きましたなぁ。



 

関屋田町ふれあい寄席

 投稿者:関屋亭地口メール  投稿日:2015年12月 7日(月)21時09分48秒
  6日は東京、新潟をとんぼ返りでご苦労様でした。田能久、雪とん楽しかったです。来年のリククエスト投票は悋気の独楽でした。よろしく(=^ェ^=)  

いろはに雑感・627

 投稿者:入船亭扇辰  投稿日:2015年12月 4日(金)18時44分5秒
編集済
  (い)銀座で買い物。
   大量の品を方々に宅配便で送りました。

   宅配の伝票にあらかじめ「届け先」「依頼主」が印刷してあります。
   あ~ら、びっくり。

   「毎年ですから、失礼かと存じましたが印刷いたしました」

   まあ手間が省けて助かりましたよ。

   優良企業は違うねぇ。
   エラい、瑞花!

   店員さんの応対も抜群にいいのよ。

   銀座は上客もいるでしょうが、
   クソ我が儘な客もいることでしょう。

   ご苦労お察ししますよ。

   余談ですが、瑞花本店はあたしの生家から徒歩3分の立地です。

(ろ)面白かった本

   「水鏡綺譚」 近藤ようこ ちくま文庫

    ※ 著者と高橋留美子さんが高校の同級生とは知りませんでしたなぁ

   「みんな彗星を見ていた 私的キリシタン探訪記」 星野博美 文藝春秋

    ※ これは力作でした!

(は)今日こそ「湯豆腐」をと、厨房に。
   調理が簡単だから、いいやね。

   じゃあ、もう一品作るか。
   そういえば、里芋が沢山あったな。

   里芋(子芋)の皮を12個剥いたところで、
   精魂尽き果て「湯豆腐」に至らず。

   ああ、喰いたい「湯豆腐」・・・。




   
 

いろはに雑感・626

 投稿者:入船亭扇辰  投稿日:2015年12月 1日(火)22時45分47秒
編集済
  (い)風邪、ぎっくり腰も癒え、旅が続きました。

   長岡、長野、掛川、柏崎。

   移動は疲れますなぁ。

   高座が楽しいのが幸い。

(ろ)お書き込みありがとうございます。

   ・Emuraさま

    毎度のご贔屓ありがとうございます。

    「鰍澤」を演ると、いやでも雪のことを思ってしまうのが難点です。
    ホント嫌いなんです、雪。

(は)面白かった本

   「偶然完全 勝新太郎伝」 田崎健太 講談社+α文庫

(に)知人がTwitterを始めてくださいました。

   告知、急なお知らせ、自慢話等々に活躍してくれそうです。

   「扇辰贔屓」で検索してみてください。

   ホームページ、Facebookともども可愛がってくださいまし。

(ほ)師走ですな。

   何かに背中を押されているような気がします。
   どことなく慌ただしい。

   とは言うものの、今年はまだひと月あります。
   丁寧に暮らしていこう。

   とりあえず自宅で「湯豆腐」を喰おう。


   
 

鰍沢の会

 投稿者:Emura  投稿日:2015年11月16日(月)01時05分37秒
  師匠の鰍沢は何度か拝聴しておりますが、
喬太郎師匠の前段を受けての本篇、
素晴らしい鰍沢を堪能いたしました。

また違った味わいになりそうな扇辰日和も楽しみにしております。
どうぞ腰をお大事になさってくださいませ。
 

いろはに雑感・625

 投稿者:入船亭扇辰  投稿日:2015年11月13日(金)17時26分2秒
  (い)風邪っ引きのところへもってきて、
   FAXを受信していたら腰が「ぎくっ」と。
   ま、今回は軽症ですが、なかなか治らないのだよ。

   風邪も長引いています。
   かなりエグい風邪です。

   家人にも感染したようで、恨まれています。

   皆さま、お気をつけくださいまし。

(ろ)こんなに頑張っているのに、
   神様ったら、とんだご褒美をくださったものです。

   世の中思うようにはいかぬ。

(は)そんなわけで日課の散歩もままならず。

   身体がなまってしょうがない。

   しかし歩けぬもどかしい日々。

(に)まもなく新しいCDが発売されます。

   ご愛聴頂ければ幸い。




 

お礼

 投稿者:澁谷農園 母家 代理  投稿日:2015年11月 4日(水)07時26分31秒
  12日の母家寄席、ありがとうございました!
扇辰師匠にご快諾いただき、深く感謝しております。
今回は特別な会でしたのであまり広くお声掛けも出来ませんでしたが、
お招きした皆様に、とても喜んでいただけました。お子さんたちも!
今度とも、どうぞよろしくお願い申し上げます。
 

いろはに雑感・624

 投稿者:入船亭扇辰  投稿日:2015年10月30日(金)22時38分22秒
編集済
  (い)今月は旅暮らし。

   ・10日は長岡・栃尾。

    里山に伺うとホッとします。
    母校の先輩にもお会いできて嬉しかった。

   ・11日は長岡、同級生経営のお店で一席。
    懐かしい顔々に会えて、つい呑んでしまいますな。

   ・12日は梶ヶ谷「澁谷農園」。
    まるで落語会をやるためにできたような会場。
    また伺いたいです。

   ・16日は富山県・射水市 櫛田神社。
    由緒ある神所。

    まあ、いっぱいのご来場でした。(正直ビックリ!)

   ・18日は香川県・高松市。
    二度目の讃岐ですので、裏を返したことになります。

    この会は入場無料なんですが、ホントよく聴いてくださるお客さま。

    K 村さま、T 塚さま、美味しいお土産ありがとうございました。

    翌日の観光も楽しゅうございましたなぁ。
    Oさま、Mさま、またご一緒させてくださいまし。

    うどんの美味いこと!

   ・21日は名古屋。

    正蔵師、菊之丞師と気のおけない顔付けで、変な緊張感もなく
    お客さまには喜んで頂けたと自負しております。

   ・24日は埼玉・朝霞市

    金剛寺さまで、七年に一度の火渡り祭。
    今回は天候にも恵まれて大勢さまでした。

    「始・扇辰・ニ楽・志ん輔」

    いい番組でしょ。

   ・25日は新潟・上越名人会。

    元々は、大師匠小さんの会。
    今は花緑師が引き継いでおられます。

    あたしゃ、前座の時に伺って以来、23年ぶりでしたよ。
    なにもかも大師匠のご縁と思うと、小さんの偉大さに頭が下がります。

   ・30日は宮城県で学校公演。

    素直な生徒さんで演り甲斐がございましたね。

    まったくダメな学校もあるんですよ。
    手品の某先生と扇辰で「どっちらけ」ということがありました。
    某県の某高校でした。

    甲子園予選の度に、その高校野球部が負けると喜んでいます。

(ろ)お書き込みありがとうございます

   ・弥次郎さま  李在鐵さま

    放送ご覧頂きありがとうございました。

    とにかく持ち時間がないので、マクラなんか喋ってる間もないのです。
    お楽しみ頂けたようで嬉しゅうございます。

    実は三月に出演が決まっていたのですが、
    ぎっくり腰でキャンセルせざるを得ませんでした。

    「みなさまのNHK」を断る辛さったら!

(は)面白かった本

   「旅行者の朝食」 米原万里 文春文庫

   「ミラノの太陽、シチリアの月」 内田洋子 小学館文庫

(に)旅が続くと寄席が恋しくなります。

   代演ねえかな。

   頼むよ、落語協会。

(ほ)今のところ腰に異常はございません。

   ほぼ毎日歩いております。

   体調管理こそ仕事なんですがね、ホッとするとつい呑んでしまいますなぁ。

   酒に口をつけるとダメになりますので、
   あたしを誘わないで頂きたい。

   またね、誘われると弱いんで。

   嫌いじゃねぇから・・・。


     
 

紋三郎稲荷

 投稿者:李 在鐵  投稿日:2015年10月19日(月)11時43分45秒
  演芸図鑑の紋三郎稲荷、とても面白かったです。
演技と表情が豊かでぐいぐい引き込まれました。
またタイミングといい、テンポといい、絶妙です。
つい3回も繰り返し観てしまいました。
 

紋三郎稲荷

 投稿者:弥次郎  投稿日:2015年10月19日(月)08時03分5秒
編集済
  NHKの落語番組に扇橋師匠の噺をだすなんて、かっこいいです(笑)

それも、まくらなし、くすぐりなしの直球!

伝統芸を受け継いでいくという心意気が伝わります。

平馬が狐に間違えられ、茶目っ気でその気になっていく心の描写がすきです。


 

お知らせ

 投稿者:入船亭扇辰  投稿日:2015年10月17日(土)17時40分2秒
  明日(10月18日) NHK の放送があります

「演芸図鑑」 NHK 総合1 5:15~5:45

(緊急ニュースがある場合は延期になります)

ご高覧くださいまし。

そんな急に・・・と思われるかもしれませんが、
さっき連絡がきたのです!


扇辰

 

いろはに雑感・623

 投稿者:入船亭扇辰  投稿日:2015年10月 6日(火)23時35分16秒
  (い)3日は「扇辰ぴより」。

   こういう道楽の会にご来場頂けるかたには頭が下がります。

   朗読、やみつきになりそうです。

(ろ)4日は陸前高田・図書館寄席。

   以前に多くのご感想を聴いちゃおりましたが、
   ホントこちらのほうが励まされますな。

   これからが我々の出番。
   また伺いたい。

   被災地に行った感想を一言で言うと「オリンピックなんかやってる場合じゃない!」。

(は)寄席が面白い。

   以前にも書きましたが、今の寄席はいいよ。

   寄席に出続けることが、噺家のノーベル賞だと思っています。


 

いろはに雑感・622

 投稿者:入船亭扇辰  投稿日:2015年10月 2日(金)00時50分20秒
編集済
  (い)10月上席は末廣亭。
   初日は主任・一之輔師のご贔屓で聴き上手のお客さまでした。

   トリの前の前(ややこしいですが、ヒザ前と言います)の出番を頂いてありがたいこと。

   とにかくトリの邪魔にならないように、
   落語を聴いて頂く雰囲気にしていきたい。

   昨日までは皆さんにそうして頂いておりましたので。
   寄席はチームワーク。

   一之輔師、張り切っておりますぜ。

   今月は末廣亭に!

   あ、明日は代バネです。

(ろ)朗読の稽古をしています。

   どことなく落語とは違うんだな。

   稽古が面白い。

 

いろはに雑感・621

 投稿者:入船亭扇辰  投稿日:2015年10月 1日(木)16時43分32秒
編集済
  (い)鈴本さんの主任興行、無事終了しました。

   大勢さまのご来場に心より感謝申し上げます。

   ・TOGUROさま ひゃのさま 弥次郎さま KGCさま akiさま

    ご来場、お書き込みありがとうございました。
    どれだけ勇気づけられたことか!

    今後ともご贔屓くださいませ。

(ろ)申し上げました演目を以下に。

   21日 匙加減
   22日 甲府ぃ
   23日 夢の酒
   24日 田能久
   27日 三井の大黒
   28日 竹の水仙
   29日 百川
   30日 妾馬

   他に演りたいネタもありましたが、
   またの機会に申し上げます。

(は)10月3日「扇辰ぴより」残席あります。

   鈴本で演らなかった「野ざらし」をサゲまで申し上げます。

   ご来場お待ちしております。

(に)新しい落語会を旗揚げします。

   「チェロキー寄席」

   基本的に二ツ目さんの会ですが、私も出演します。
   活きのいい若手を応援してくださいまし。

   詳細はスケジュール欄をご参照ください。

   第1回目の公演は満席になりました。
   立ち見でよろしければ「2500円 → 1500円」で
   ご入場頂けます。

(ほ)次回の扇辰日和は、三遊亭白鳥作「任侠 流れの豚次伝」を口演します。

   なんとゲストの桃月庵白酒師匠にも同作品を演って頂きます。

   ・JTmさま

     今度は名前もしっかり覚えます。
    少し変えたい箇所もあります。

    再演お楽しみ頂ければ幸いです。

   ◎扇辰日和 VOL . 57

    ・11月21日(土)

    ・なかの芸能小劇場

    ・開演 13:45

    ・2,000円(全席自由)

    ・扇辰「任侠 流れの豚次伝」より 第6話「男旅牛太郎」

    ・ゲスト 桃月庵白酒 「任侠 流れの豚次伝」より 第1話「豚次誕生秩父でブー!」

    ・お問い合わせ 090-1034-0864 安藤さん

   たぶん、もう演ることはないと思います。
   この機会に是非お聴き頂きたい。








   
 

百川

 投稿者:弥次郎  投稿日:2015年 9月30日(水)07時00分33秒
  九日目

今日も楷書のすごわざ芸。

噺の無駄を削ぎ落とし、客いじり、くすぐり、何もなし、噺だけ。

百川二階の長いやり取りも、噺の道中に弛みなし!

テンポよくトントン進む。

きもちがいいねぇ~




 

竹の水仙

 投稿者:弥次郎  投稿日:2015年 9月29日(火)07時31分23秒
  八日目

きれいな噺だなぁ~ ^^

楷書の芸の極み!

いいもん、見せてもらいました。

九日目、楽日と、楽しみです!




 

いろはに雑感・620

 投稿者:入船亭扇辰  投稿日:2015年 9月29日(火)01時23分39秒
  ( い )  鈴本さんの主任興行、あと二日。

          頑張りますぜ。

          体力の限界に近づいておりますが、演るよ~ !

( ろ )  HPの更新をしければと思いながら、
          いや、それよりも稽古をと。

          ご来場の皆さまにご満足頂けるように。

( は )  初日( 21日 )は飯能で「 三K辰文舎 」の後に駆けつけました。

          三人とも、腰痛持ちでダラシない!

          お客さまから「 腰に優しいライブを 」とご提案頂きました。
          ありがたいことです。

          「 腰に優しいライブ 」をよくよく考えてみますと。

          ・ 楽器を運んでもらう

          ・ セッティングを任せる

          ・ 完璧なチューニングしてもらう

          ・ 常に椅子に座って演奏する

          ・ 片付けを全て任せる

          ・ 長時間の打ち上げをしない

         無理無理つ!






        
 

初めての鈴本

 投稿者:aki  投稿日:2015年 9月27日(日)07時43分31秒
編集済
  今年、埼玉に進学した娘と、出張に来た母。娘が落語を聴いてみたいというので鈴本に行ってみることにしました。そうしたらなんと扇辰師匠は二人の高校の先輩! すごく楽しみです。鈴本に入るのに気後れしそうですが、聴きたい気持ちに背中を押してもらいでかけようと思います。  

扇橋師追悼?

 投稿者:KGC  投稿日:2015年 9月25日(金)06時02分55秒
  24日の鈴本に行きました。当日は飛行機で移動したのですが、日航名人会で師匠の茄子娘を聞き、鈴本では田能久。独演会でこの演目の取り合わせはないような気もしますが、ちょっとした独演会気分でした。それ以上に、30年くらい前に、扇橋師の噺でこの2つのネタを聞いたことがあり、目を閉じれば亡き扇橋師の面影が浮かんできました。
別の方も書いておられますが、本当にいい顔づけの主任興業です。
 

甲府い

 投稿者:弥次郎  投稿日:2015年 9月23日(水)08時42分57秒
  鈴本二日目。

豆腐屋のおやじの短気といじりと情け深いところ、扇辰師匠そのものに見えてきた(笑)

いい顔づけの主任興行ですね。

トリに向かって、どんどん会場が盛り上がって来る。

また、寄ろう。


 

鈴本トリ

 投稿者:ひゃの  投稿日:2015年 9月22日(火)23時47分31秒
  扇辰師匠目当てで伺っているのですが、寄席は見所が多いですね。

・文左衛門師匠のおかげ?で、玉の輔師匠現る。
・扇里師匠の入船亭っぽい噺がいいです。
・23日まで手品枠はダーク広和先生のようです。ということで、ちゃんとやっていますよ。
 

流れの豚次

 投稿者:JTm  投稿日:2015年 9月22日(火)12時28分13秒
  遅ればせながら。「男旅牛太郎」、楽しませていただきました。
この物語のこの部分は聞いたことがなかったので、前日に白鳥師の口演で「予習」。
その時に予想した通り、貴族猫・マリーの描き方が、なにより素晴らしかった!
白鳥師も言っておられましたが、まさに、「鰍沢」の月の輪のお熊か・・・あるいは
「藁人形」のお熊か・・・というところ。

名前の違いなんて、なんでもありませぬ。聞く方でしっかり、脳内変換しており
ましたからね。

それにしても、白鳥師の企画のすごさ、この長い噺の各部を誰方に割り振るか、
という設定の妙、恐れ入りました、という感じです。

最近、大圓朝って、実は、白鳥師みたいな人だったのかも??
という、妄想に取りつかれております・・・・
 

鈴本9月下席夜の部初日

 投稿者:TOGUROメール  投稿日:2015年 9月22日(火)00時03分26秒
  久しぶりの鈴本演芸場でしたが、初日に相応しい内容でした。師匠の噺は聴いたことがあるかな、ないかなとはっきりとした記憶が定かではないので、機会がありましたら、演目名を教えてください。充実した夜をありがとうございました。  

いろはに雑感・619

 投稿者:入船亭扇辰  投稿日:2015年 9月17日(木)13時08分53秒
  (い)横浜にぎわい座・扇辰日和、ご来場ありがとうございました。

   ここは喋りやすい小屋ですね。
   お客さまも聴きやすいのではと想像します。

   声がスーっと通るんだな。

(ろ)ホッとする間もなく、通好み。

   こちらは収録があるので、なかなか骨が折れます。
   白酒師の高座も気になるし。

   またまた聴き上手なお客さまに助けられましたな。

(は)やれやれと思う間もなく、今期最大(おそらく)の難所。

   三遊亭白鳥師匠の作品「任侠流れの豚次伝 男旅牛太郎」の口演。

   たしか半年くらい以前にご依頼があり、
   白鳥師の録音を頂いておりました。

   実際に聴いたのは口演の一週間くらい前ですが、
   まあ途方に暮れました。

   面白いんだけど、これは白鳥さんが演るから面白いんだ。

   う~ん、困った・・・。

   白鳥オリジナルのくすぐりをほぼ100パーセント抜いて、
   自分なりの噺に再構築するのは、苦しくも楽しい作業でありました。

   苦しみのほうが格別に大きかったのですが。

   元々の筋がよく出来ているので(白鳥師の才能は凄い)、
   作品としては、なんとかまとまったかなと自負しております。

   ただ、高座は不出来。
   明らかに稽古不足でした。

   名前が出てこないんだ!

   ・・・え~っと、牛太郎じゃなくて、ブル松じゃない!・・・権蔵だっ!

   思い出しながらの高座で冷や汗が出ました。

   白鳥師から熨斗付き(!)の品を頂きました。
   あの人とは長い付き合いですが、モノを貰ったのは初めてです。
   (昔、新潟でタクシーチケットを強奪したことはあります)

   白鳥さんも思い入れがある公演、作品なんでしょうなぁ。

   いい勉強の機会を与えてくださった白鳥兄貴に感謝!

(に)ああ終わったと感慨にひたる間もなく三K辰文舎だっ。

   19日が江ノ島、
   21日は飯能。

   どちらもチケット有ります。

   たくさんのご来場お待ちしております。

   江ノ島は終演後、打ち上げあり。
   なんと食べ物持ち込みできます。

   乾杯しよう。




   
 

いろはに雑感・618

 投稿者:入船亭扇辰  投稿日:2015年 9月13日(日)00時41分58秒
  (い)今年は台風にやられますなぁ。

   鬼怒川の堤防決壊画像に胸が痛くなります。

   こういう時、藝人はとてつもない無力感にかられます。

   被害に遭われた皆さまには、心よりお見舞い申し上げます。

   一日も早い復興を願うばかりです。

(ろ)お書き込みありがとうございます。

   ・ごにょごにょさま

    はい、よ~く覚えておりますよ。
    札幌からいらしてくださったのですか。
    ありがとうございます!

    またお声をお掛けくださいまし。

   ・JTm さま

    毎度のご贔屓ありがとうございます。

    いや大勢さまでしたね。

    「ザ・キッチンイナバーズ」はたまにしか演りません。
    飽きられちゃうから、小出しにしないと・・・。

(は)面白かった本

   「雑誌倶楽部」  出久根達郎 実業之日本社

   「上京ものがたり」西原理恵子 小学館

(に)管理人さんに任せっぱなしのFB。
   今日、発見がありました。

   「◯◯さん、◯◯さん、他◯人がいいね!と言ってます」の
   「◯人」をクリックすると、ズラ~っとお名前が出てくるのね!

   知らなかった・・・。

   「えっ!」っと驚くかたもいらっしゃいますなぁ。

   20年以上お会いしてないかた。
   海外在住の同級生。
   ここには素性を書けないあの人。

   ネットの普及とその威力は驚異的ですね。

   あたしは写真とコメントを管理人さんに送っているだけですが、
   心してやらないとな。

   HP同様ご贔屓くださいまし。

(ほ)明日は横浜にぎわい座で独演会。

   頑張る。

   ご来場お待ちしております。



   
 

謝楽祭

 投稿者:JTm  投稿日:2015年 9月11日(金)13時41分41秒
  会場が広くなって、楽勝!と思っていましたが、予想以上の人出に、もう、
くたびれ果てました。
三K辰文舎の出演を目指して、ただひたすら待っていたような感じです。

三Kもさることながら、「キッチン・イナバーズ」のナンバーにしびれまして、
いまだに、脳内リフレインしている始末・・・・次の遭遇を楽しみにしています。

それにしても、雨続きの昨今、あの日の、晴れとはいいませんが、あの
お天気には、なにやら、奇跡的なものを感じます。

・・・・もちろん、水害の被災者の方々には、心からのお見舞いを申し上げつつ。
 

/45