投稿者
 メール
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]

スレッド一覧

  1. ◎━時 計:シャネル、コルム、オメガ、ゼニス、オリス、クストス(0)
  2. 返信ありがとう(0)
  3. ぽろりっ(0)
スレッド一覧(全3)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


いろはに雑感・643

 投稿者:入船亭扇辰  投稿日:2016年 6月 5日(日)01時57分54秒
編集済
  (い)面白かった本

  「剣客商売」(1~16) 池波正太郎 新潮社

   ※ およそ三ヶ月掛けて読了
      今更言うまでもない傑作

      後は外伝を残すのみ
      これもちと残念
      もっと読みたい


  「島へ免許を取りに行く」 星野博美 集英社文庫

   ※ 軽やかな文体、でもしみじみ感じること有り


  「謎のアジア納豆 そして帰ってきた日本納豆」 高野秀行 新潮社

   ※ 高野さんらしい取材と内容

      納豆は日本だけのものではない
      共通点のある地域に存在しています

      水戸が起源でなかったとは驚きました
      思い込みはおそろしい

(ろ)お書き込みありがとうございます

   ・ご存知さま

    弟子もなんとかやっているようです。
    今後とも甘やかさず、ご贔屓くださいまし。
    とても嬉しく拝読いたしました。

(は)おそらく10年以上・・・
   真打になってから行った記憶がない・・・

   してみると15年くらい経つのだな。

   久しぶりに目黒の自然教育園を訪問しました。

   入園料310円
   足繁く通っていた頃は、たしか200円でした。

   二ツ目の頃は年に5回くらいは行きました。
   弁当と缶ビール持参でね。

   ホントは飲食禁止なのですが、
   平日の昼間なんか誰もいないんだもの。

   広大な敷地を200円で独り占めしておりました。

   暇だったんだな。

   相変わらず愛想のない園で、それが素晴らしい。
   またフラフラっと行こう。

   このご時勢で喫煙者に不親切になったのは気にくわんが。

(に)紫陽花はもちろん、ザクロ、立ち葵、ノウゼンカズラ。
   枇杷の実も成っています。

   友人宅では五月早々に時計草が咲いた由。

   今年は早い。

   そろそろ鬱陶しい梅雨入りでしょうか。

   皆さまご自愛くださいませ。


 

無沙汰をしております

 投稿者:ご存知  投稿日:2016年 6月 4日(土)11時37分34秒
編集済
  お弟子さんの話でごめんなさい。
昨夕、福岡市南区高宮で開催された
「入船亭小辰・立川吉笑二人会」に行ってきました。
この2人、どちらも一番弟子だっけ?
古典(小辰)と新作(吉笑)の共演で、
大変充実した2時間を過ごさせてもらいました。
小辰くんの噺を聞くのは、彼がまだ前座で辰じんを名乗ってた以来だけど
もう、どれくらい経つでしょうか、半可通の俺が言うのも烏滸がましいけれど
小辰くん、仕草といい、じっくりと聴かせる話し方といい、いい二ツ目さんだねぇ。
また福岡で機会があれば、お邪魔させてもらいましょう。
 

いろはに雑感・642

 投稿者:入船亭扇辰  投稿日:2016年 5月27日(金)01時25分11秒
  (い)お書き込みありがとうございます

   ・新参者さま

    お心のこもったご感想、嬉しく拝読しました。

    寄席は「チームワーク」、それも「客席も含めた」。
    正鵠を射たお考えと思います、

    藝人からは、なかなか言えないことですが。

    また「ゆるりふらり」とお出掛けくださいませ。

    玉稿を削除とのご依頼、残念ですが承りました。
    今月いっぱい掲載させて頂き、その後、管理人さんに手配して頂きます。

   ・桃輔さま

    末廣亭にご来場ありがとうございました。

    「極楽への思い」も多少ありました。
    それよりも、とにかく明るく陽気にしたかったというのが本音です。

    なかの芸能小劇場でお待ちしております。

(ろ)覚悟はしておりましたが、未だに気持ちの整理がつきません。

   ご家族、ご一門の皆さまのご心中を思うと、
   軽々しく弔意を表することができません。

   あたしだって、こんなに悔しいのですから。

   亡くなられる直前まで、入魂の高座。
   ご立派でした。

   喜多八兄さん、お疲れさまでした。
   誰にも真似できない凄いサゲでしたよ。

   柳家喜多八師匠のご冥福を心よりお祈り申し上げます。

   兄さんっ!

   喜多八兄さんっ!

  
 

末廣亭中席楽日

 投稿者:桃輔  投稿日:2016年 5月25日(水)02時51分1秒
  はじめまして
先日の末廣亭中席楽日に出かけました。
夜の部中入り後、笑組さんが下がって、
師匠がネタ帳を持って登場されたあたりから末廣亭は一気に華やいだ感じになっていきました。
師匠は「お血脈」をおやりになり、五右衛門にホテトル音頭を歌わせて沸かせて、
円太郎師匠が「権助芝居」、紋之助さんのトトロがあって、喬太郎師匠の「布哇の雪」で最高潮に達した。
すばらしく楽しい芝居でした。そして、帰宅してから喜多八師匠が亡くなったのを知るわけです。
トリの喬太郎師匠は確信的に「布哇の雪」をかけられたのだな、と思いましたが、
扇辰師匠は「極楽へ」の思いを込めて「お血脈」をかけられたのでしょうか。
ふとそんな気がしましてお訊ねいたしました。
扇辰日和には伺います。
扇辰師匠の描く江戸、好きですねえ
 

いろはに雑感・641

 投稿者:入船亭扇辰  投稿日:2016年 5月24日(火)22時20分6秒
  (い)お書き込みありがとうございます。

   ・さだ様 李さま

    寄席を愛してくださるお客さま、ホントに嬉しいです。

    奇跡的に残っている財産を我々の世代で失くしてはいけない。
    寄席だけで喰えている噺家は一人もいません。
    でも好きなんだ。

    寄席へ!

   ・あんじょう様

    お子さん、お二人ですか。
    お幸せでいらっしゃるようで、こちらも幸せな気分になります。

    母上によろしくお伝えくださいまし。

(ろ)面白かった本

   「安心毛布」 川上未映子 中公文庫

    ※ 川上さん、好きだっ

(は)面白いであろう本

   「流木焚火の黄金時間」 椎名誠 集英社文庫

   「昭和芸人 七人の最期」 笹山敬輔 文春文庫

   「おそ松くん ベスト・セレクション」 赤塚不二夫 ちくま文庫

   「知の巨人 荻生徂徠伝」 佐藤雅美 角川文庫

   「カテリーナの旅支度」 内田洋子 集英社文庫

   「島へ免許を取りに行く」 星野博美 集英社文庫

   「謎のアジア納豆」 高野秀行 新潮社


   全て未読です。

   購入したっきり。

   でもね、面白いと思うよ。

   Kindleで「剣客商売」を十六冊買ったものだから、
   読了するまでは、なかなか他に手が伸びませんなぁ。

(に)毒々しい花、それは「アマリリス」。

   語感と、あの歌曲のせいで、可憐かつ楚々としたイメージが。

   生々しい花で、アマリ、す、好きになれない。

(ほ)ささやかな、しかし、お心のこもった落語会が続きます。

   ああ、噺家になってよかったなぁと思っております。

   皆さまに深謝!


 

寄席は聖地です

 投稿者:李 在鐵  投稿日:2016年 5月15日(日)21時24分24秒
  「寄席は聖地である」というお言葉、大好きです。
何とも言えぬあの遠赤外線に満ちたような温かい空間。
私は四十二という歳になって初めて寄席の素晴らしさを感じることができました。
この国がどんなに変わり果てても寄席は残り続けてほしいです。
 

アオーレ独演会お邪魔しました

 投稿者:あんじょう  投稿日:2016年 5月14日(土)22時26分54秒
編集済
  ご無沙汰しております。相変わらず川向こう住まいの後輩でございます。本日アオーレ独演会にお邪魔しました。地元サービスもたっぷりの高座、ありがとうございました。

『藪入り』では、二児の父となった今や涙腺が緩むのをこらえきれませんでした。母親と一緒に行きましたので、目が痒いような素振りでごまかしましたが…

長岡住まいだとなかなか生の落語にふれる機会がありません。これからもどんどん地元独演会を開催してください。お待ちしております。
 

末廣亭

 投稿者:さだメール  投稿日:2016年 5月14日(土)00時19分50秒
  今日の師匠の麻のれんを聴いたら枝豆で一杯やりたくなりました。(帰って飲みました)
仕事帰りに師匠の落語が聴けて良かったです。ありがとうございました。
 

いろはに雑感・640

 投稿者:入船亭扇辰  投稿日:2016年 5月13日(金)01時10分14秒
編集済
  (い)長岡の仕事が続きます。
   故郷はありがたいですなぁ。

   連泊できる時には散歩します。

   先日は自宅から信濃川の土手へ、

   長生橋 → 長岡大橋 → 東中 → 長岡警察署 → 表町小学校 →

   (紅屋重正・ふじい)を右手に見て → 龍文堂 → 此の花 → 自宅

   小1時間歩きました。

   まず、土手に上がって眺望のいいこと。

   ♪ いい~、いい~ 気持ちE~

   母校・東中学の新校舎の周りを巡ってまいりました。


   でもね、人がいないんだよ。

   「あれっ? ここ歩いちゃいけないんだっけ?」
   不安になるくらい。

   よ~く見ると、ぽつぽつと人影が見えます。

   歩くとか、走ればいいのに。

   長岡の皆さまよ、日本一の大河だぜ。
   花火の時だけじゃ、もったいない。

(ろ)ギャラの交渉が一番面倒くさい。

   あたしは事務所に所属しておりませんので、
   自分でやるよりしょうがない。

   あ、私は落語協会員ですが、
   協会が仕事の仲介をすることは滅多にありません。

   出演料は多ければ多いほどいいのは当たり前のこと。

   でもね、「木戸銭 × 人数 ー 経費」で、だいたいわかりそうなものでしょ?

   「ギャラはいくら?」

   と、訊かれるととても困る。

   主催者さんのご予算を教えて頂ければいいのに。

   いずれにしてもキチンと金額をご提示頂きたいですな。

   主催者さんに「安く使われた」、仲介業者さんに「ボラれた」って気が抜けません。

   こちらは基本的に、そちらのご予算で伺いますのに。

   ハナっから「いくら」と言ってくださればいいのにな。
   お互いさまなんだから。

   あたしゃ、法外なことは言いませんぜ。

(は)お書き込みありがとうございます

   ・あゆぽんさま clap461さま

    このところ、FB、Twitter にご訪問が多いのですが、
    この頁にお書き込み、嬉しいです。

    どれくらい励みになることか。
    今後ともご贔屓くださいまし。

    更新さぼりがちで、すいません!

(に)5月中席は末廣亭・夜の部に出演しています。

   寄席はいいなぁ。
   楽屋にいるだけで嬉しい。

   ご来場お待ちしております。

   寄席こそ稼げませんが、ここは聖地なんだ。

   このギャラじゃ、扇辰はもちろん、他の演者は尚更呼べません。

   だからこそ寄席はいいんだ。

   席亭以外の業者さんは真似をしないように。
   年中無休で興行できるなら別ですが。

(ほ)なんだか「守銭奴」みたいでイヤですな。

   寄席藝人は、セコく、しかし、大らかに!


 
 

初めて拝見しました

 投稿者:clap461  投稿日:2016年 5月 7日(土)07時32分4秒
  師匠、はじめまして!エリッククラプトンを師匠とする50代半ばの白酒フリークのホリデ-ミュージシャンです。

4月26日の入船亭扇遊師匠との二人会に参加しました。実は扇辰師匠の落語を生で拝見するのは初めてでした。

TVでは柳家喬太郎さんの番組で見ていました。5月の白酒師匠との二人会に参加することもあり、また入船亭扇遊師匠も好きでしたので、この機会に見たいと思って、参加した次第です。

結果、百川、滅茶苦茶よかったです。早速、今後のスケジュールを確認させていただき、予約できるものは予約させていただきました。

既に月に8回近く、落語会や寄席に行っている身でありながら、更に行きたい噺家さんが増えてしまったという感じです。4月が終了した時点で今年は既に30回、これにはクラプトンの日本公演5回も入ってますが、なんだかんだで行ってます。

FacebookやTwitter等を拝見すると、ギターとお酒が好きな50代という感じですね。そういう意味での共感もあるように思います。

また是非、伺います。

 

7月の神楽坂、色紙当たりますように!!

 投稿者:あゆぽん  投稿日:2016年 5月 7日(土)00時14分27秒
  先日の扇辰・喬太郎の会、とても楽しかったです。
陰々滅々とし過ぎない「藁人形」も「紫檀楼古木」のキヨも古木も良くて。
また聴かせていただける機会を楽しみにしています!

そういえば、Facebookの「一」でのお品書き。
酔って記憶なくてあの筆とは。私は酔うほどに字も酔います(^^;
 

いろはに雑感・639

 投稿者:入船亭扇辰  投稿日:2016年 5月 6日(金)22時32分17秒
  (い)ネタおろしが終わり、まだぐったりしております。

   どんな根多でも必ず初演はあるのですが、
   なかなかな荷です。

(ろ)お書き込みありがとうございます。

   ・AKANISHIYAさま

    最前列でしたか、お首をお労りくださいまし。
    毎度のご贔屓に感謝申し上げます。

(は)①友人達と遊びに行った先で、
    レンタカーごと荷物を盗まれて「ギャッ」と叫ぶ。

   ②私以外全員がプロのミュージシャンと屋外ライブ。
    迂闊なことに譜面を忘れ、暗譜でギターを適当に弾いていました。

    「こんな演奏で金取るの!」と女性客になじられ、
    平身低頭謝る。

   この辺で目が覚めました。

   悪夢二連発!

(に)イヤ~な気持ちで起床。

   朝刊の一面に「共和 トランプ氏指名へ」の大活字。

   悪夢は続きますな・・・。


 

匙加減

 投稿者:AKANISHIYA  投稿日:2016年 4月15日(金)12時34分8秒
   久しぶりに聴きました。
 結構な匙加減でした。

 一番前は首が疲れます。
 

いろはに雑感・638

 投稿者:入船亭扇辰  投稿日:2016年 4月 5日(火)12時50分22秒
編集済
  (い)風呂釜が壊れました。(「湯屋番」だな)

   業者に来てもらったら、即完治。
   餅は餅屋ですなぁ。
   出張費だけ取られてお終い。
   ああ、よかった。

   と思う間もなく、ウォシュレットが故障。
   こういうことは続くもの。

   今度は修復不可。
   買い換えを余儀なくされました。

   高っいね、ウォシュレット!
   「◯◯寄席」「△△落語会」のギャラを足しても及びません。

   オレの四席は、便座より安いのか・・・。

(ろ)巷の「桜・さくら」騒ぎには、いささかウンザリします。

   これから薔薇までが一年を通じて一番いい花期。

   他の花も愛でて頂きたい。

   もちろん、さくらに罪はないが。

(は)久しぶりに「魂の入替」を演ってみました。
   20年近く高座に掛けていなかったでしょうな。

   ウチの師匠のはサラッとしていてよかった。

   こういうネタを力まず演れるようになりたい。

(に)いよいよ明日は「三K辰文舎 落語&ライブ」。

   当日券有ります!

   たくさんのご来場、お待ちしております。





   
 

いろはに雑感・637

 投稿者:入船亭扇辰  投稿日:2016年 3月11日(金)16時30分40秒
  (い)この二三日は所謂「寒の戻り」というやつですな。

   歩いていても(毎朝歩いております!)
   身体がほぐれるのに時間がかかりますし、なかなか汗も出ません。

   面白みには欠けます。

   それでも曇り空にモクレンが咲き誇っているのを見るのはいいもの。

   今のところ花粉症の気配がないのが有り難い。
   あれ、辛いらしいですな。

(ろ)国立演芸場定席、終わりました。

   5日の朝、目覚めたら「13:08」、
   ギャーっと跳び起きました。

   あたしの出番は「13:50」なんだ。

   顔も洗わずタクシーに。
   ギリギリ間に合いましたが、グズグズの高座でした。

   前夜がよくなかった。
   いや、良過ぎました。

   「Dear Beatles」を聴きに行きましてね、
   終演後、興奮状態でバカ呑み。

   酔っぱらって目覚まし時計をセットし忘れたようです。

   寄席の給金でタクシーを使うと、
   その日は只働きになってしまうのですが、自業自得ですな。

   懐もイタかったが、ご来場のお客さまに申し訳ございませんでした。

(は)なでしこジャパン、残念でした。

   巷間言われている通り、世代交代の失敗です。
   監督も選手も変わらないんじゃ、研究されて当たり前。

   いい教訓にして頂きたい。

   それよりも驚いたのが実況中継。

   「ナイス切り替え!」

   不思議な日本語を使いますねぇ。

   寄席だと

   「ナイス上下(かみしも)」
   「ナイスくすぐり!」

   とか言うのかしらん。

(に)本日は祷りの日。

   東北に向けて合掌と黙祷。

   あの傷みを風化させることなく、
   しかし人々には平安な日々を祈るばかりです。


 

いろはに雑感・636

 投稿者:入船亭扇辰  投稿日:2016年 3月 2日(水)16時39分22秒
  (い)二月下席は寄席を休ませて頂き、バリ島へ。
   去年に続き二度目です。

   26~30℃ですからね、とにかくあったかいのが嬉しい。
   雨期、閑散期なのでさほどの混雑もなし。
   そのかわり午後は毎日1~2時間の降雨。

   どこに出掛けるわけでもないので構いません。
   終日ゴロゴロして「剣客商売」を読んでいましたよ。

   あとは毎朝30分の散歩。
   もっと歩けよと思われるかもしれませんが、
   20分を過ぎると身体中から滝のような汗が吹き出てきます。
   これが気持ちいい!

   連夜、飲酒(主にビール)していましたが、
   まったく二日酔いなし。

   いい休暇になりました。

   一所懸命働いて、来年も行くんだ!

(ろ)タイを「微笑みの国」と言うそうですが、
   バリ島(インドネシア)も同じですな。

   婦女子の可愛いこと。
   オジさん、メロメロになりました。

   数葉ですが写真をFB、Twitterに載せてもらいました。

   ご高覧頂ければ幸い。

(は)お書き込みありがとうございます

   ・TOGUROさま

    落語研究会の放送ですか。

    サゲ間際で言い間違えがあると思います。

    「そのまま放送します」と、
    プロデューサーに言われたような憶えがあります。

    そこも含めてお楽しみくださいまし。

   ・李在鐵さま

    私は正当派ですかねぇ?
    よく日和りますし、ブレもしますが、
    いずれにしてもご贔屓に感謝申し上げます。

    気違い系の人と組んだほうが演りやすいことは確かです。

(に)またしても仕事先から、マイナンバー関連の書類を提出せよと通知が。

   ああ、面倒くさえ。

   その度に書類を揃え、大概は簡易書留で郵送します。
   郵便代だけでも全国で相当な金額がかかっているでしょう。

   そうか、JP ( 日本郵便 )もグルなんだ。



 

気違い系と正統派

 投稿者:李 在鐵  投稿日:2016年 3月 1日(火)00時36分27秒
  鶴川落語会でおっしゃったとおり、やはり扇辰さんは「気違い系」との組み合わせが多い気がします。
だからこそ正統派でブレのない扇辰さんがなおさら引き立つ気がします。
そんな風にバランスをとっているのでしょうか。
私はやはり正統派が好きです。
 

落語研究会、楽しみです。

 投稿者:TOGUROメール  投稿日:2016年 2月25日(木)22時45分24秒
  「徂徠豆腐」がテレビ放送と聞いて、興奮気味。「甲府ぃ」の次は、師匠の十八番「徂徠豆腐」でしょう。「徂徠豆腐」と言えば、扇辰師匠でしょう。
解説の京須さんがどのようにこの演目を紹介してくれるか、師匠の高座が国立小劇場にどう響いていくのか待ち遠しいです。
 

お願い

 投稿者:入船亭扇辰  投稿日:2016年 2月22日(月)14時20分15秒
  2月28日まで他行中です。

お急ぎの御用がございましたら、
Gmailのアドレスにご連絡頂ければ幸いです。

ご面倒をお掛けしますが、
よろしくお願い申し上げます。


扇辰


 

いろはに雑感・635

 投稿者:入船亭扇辰  投稿日:2016年 2月19日(金)22時31分53秒
  (い)洋菓子(チョコ、クッキー等)も製造販売するお店のかたにうかがいました。

   扇辰「バレンタインが終わって、ひと息つかれたでしょ?」
   M嬢「いいえ!これからが正念場のホワイトデーなんです!」

   年間を通じて、お忙しい順に
   ①ホワイトデー ②年末 ③バレンタインデー
   なんだそうだ。

   聞いてみなくちゃわかりません。

   世間の男性は「ホワイトデー」なるものに、
   翻弄されているのですな。

   イヤな習慣が定着したもの。

(ろ)翻弄と言えば「マイナンバー」。

   仕事する度に、通知書と身分証のコピーの提出を求められます。
   一度提示すればいいようですが、とにかく面倒くさい。

   税金を払っている上に手間までかけさせられて、ホントいい迷惑じゃ。

(は)14日は「心・技・体」。

   おかげさまで今年も満員御礼。
   ようやく世間さまに知られたようで、ホッとしております。

   同期はいいな。

   喬太郎師、彦いち師に感謝。

   企画して、続けてくださっている主催者さんにも感謝。

(に)17日は大山泰輝さんのライブにゲスト出演。
   4曲歌わせて頂きました。

   あ、歌のゲストだよ。

   大山さんのピアノで、あの名曲を。
   今年の幸運を使い果たしたような気さえしています。

(ほ)上席は末廣亭さん、夜のヒザ前。

   あたしなんざ、まだまだ若手なんですがね。
   こんな深い出番に使って頂きありがたいことです。

   連日いいお客さまでしたなぁ。

   トリの菊太楼師も奮闘していました。

   噺家は寄席に出ないと。

(へ)と言いながら、下席は休ませて頂きます。

   三月は寄席三昧。

   上席 国立演芸場
   中席 鈴本演芸場 夜の部
   下席 鈴本演芸場 昼の部(交互)

   寄席へ、寄席へ!



 

お知らせ

 投稿者:入船亭扇辰  投稿日:2016年 2月 3日(水)02時09分59秒
  2月3日、各寄席で節分の豆撒きがございます。

手拭い、寄席の招待券等お配りします。

皆さま全員には行き渡らないかと存じますが、
福のおすそ分けとお思いください。

ご来場お待ちしております。

なお、扇辰は末廣亭17:30に出演します。

通常より早い時間ですが、ご勘弁くださいまし。


扇辰


 

いろはに雑感・634

 投稿者:入船亭扇辰  投稿日:2016年 1月31日(日)01時26分5秒
編集済
  (い)池袋演芸場の主任興行、終わりました。

   昼席でしたが、大勢さまのご来場で
   嬉しく思いました。

   心より御礼申し上げます。

   ・畦道さま  ちこさま

    ご来場、お書き込みありがとうございます!
    今後ともご贔屓くださいまし。

    お楽しみ頂けたようで、ホッとしております。

(ろ)トリの芝居はネタを出しましょうかね。
   本来、お越しくださったお客さまの特権かと思いますが。

   初日  甲府ぃ
   22日 ねずみ
   23日 匙加減
   25日 雪とん
   26日 竹の水仙
   27日 薮入り
   28日 鰍澤
   29日 徂徠豆腐

   以上、八席申し上げました。

   昼席の上、土日曜日に休みが多く
   申し訳ございませんでした。

(は)休む間もなく、30日は「鶴川落語会」。
   立川談笑師と二人会。

   彼は達者ですな。
   いい刺戟になりました。

   彼は闘っています。
   あたしも闘っているつもり。

   負けないよ。

(に)と、ここまで書いたところで、日韓戦に逆転勝ちしました。

   しびれましたなぁ!



 

池袋演芸場

 投稿者:ちこ  投稿日:2016年 1月31日(日)00時13分18秒
  初めまして。
池袋演芸場での「ねずみ」「竹の水仙」「徂徠豆腐」を拝見致しました。

3席とも、扇辰師匠の生み出す世界にぐいぐい引き込まれて、
ずっとどきどきして楽しい時間でしたし、
回を追うごとにずいずい好きになりました。
「徂徠豆腐」はその日の夜に行った落語会でも偶然やっていて、
そちらも素晴らしかったのですが、
どうしてもついさっき見たばかりの扇辰師匠の高座が鮮烈に甦って、
再び涙涙でした。
落語を聴いて涙が出たのは初めてです。

最近落語・寄席にはまった初心者ですが、
扇辰師匠と同じ時代に生きていて生で高座を拝見できることがとても幸せです。
これからも応援しております。
 

池袋演芸場

 投稿者:畦道  投稿日:2016年 1月25日(月)21時07分21秒
  拝見しました。
『雪とん』、たいへん結構でした。
また伺います。

お疲れ様でした。
 

いろはに雑感・633

 投稿者:入船亭扇辰  投稿日:2016年 1月20日(水)19時03分50秒
編集済
  (い)この期におよんで本格的な冬ですな。

   腰痛持ちには辛いことです。
   松の内は好天でしたから、よしとしますか。

   雪も降らなきゃ困る人もいるでしょうし。
   (あたしゃ大嫌いですが)

   皆さま、くれぐれもご自愛くださいまし。

(ろ)それでも今冬は暖かいのだな。

   まず腰がミシミシしない。

   梅が咲いて、モクレンの蕾が、ぱっつんぱっつんに膨らんでいます。

   何より、日が長くなってきたのが嬉しい。

(は)21日から池袋演芸場・昼席の主任です。

   大勢さまのご来場、お待ちしております。

   24、30、31日は休みます。
   申し訳ございません。

   やるよ~!

 

いろはに雑感・632

 投稿者:入船亭扇辰  投稿日:2016年 1月14日(木)22時58分57秒
  (い)9、10、11日と長岡・吉例お寺巡り。

   正月早々お年玉を頂きました。
   毎年ありがたいことです。

   真冬ですが思い切って「団子坂奇談」を演ってみました。

   ・わりょうくん様

    ご来寺、お書き込みありがとうございます。

    「団子坂奇談」最年少のお孫さんには不評でした!

(ろ)長岡に行くと、つい呑み過ぎてしまいます。

   特に八兵衛は、帰ろうと思うと同級生が来るのだ。

   でも楽しかった。

(は)「わいせつ暴言」って凄い響きがありますな。

   強烈な言葉の二乗ですもんね。

   漢字にすると迫力満点。

   「猥褻暴言」

   暴走族の落書きだね。

   「ワイセツボーゲン」

   外つ国のかたの名前みたい。

   失礼!

(に)明日は横浜にぎわい座で独演会。

   「徂徠豆腐」と、もう一席申し上げます。

   ゲストは、ご存知ストレート松浦さん。
   熱い高座にご期待ください。

   大勢さまのご来場お待ちしております。

   明日も寒いようです。
   お気をつけてお出掛けくださいませ。



 

団子坂奇談 よかったです!

 投稿者:わりょうくん  投稿日:2016年 1月11日(月)17時43分39秒
  専徳寺での新春落語会。毎年楽しみにしております。今年は団子坂奇談、ありがとうございました。
なかなか聞けない話ということで、大変興味深く聞かせていただきました。暖冬といわれる今年にふさわしい?お話でした。本年も健康に留意され、ご活躍されることを祈念いたします。
 

いろはに雑感・631

 投稿者:入船亭扇辰  投稿日:2016年 1月 6日(水)03時13分10秒
  (い)元日から働いております。
   ありがたいことです。

   ちと呑み過ぎなのが困りもの。

   元日の夜は記憶なし!

   ①自宅で乾杯(7:00) → ②鈴本(11:30) → ④浅草
   → ⑤(12:30)兄弟子宅 → ⑥自宅(何時かわからん)

   と、自覚していたのですが。

   どうやら⑤⑥間に、どこかに行ったらしい。

   「昨日、大丈夫だった?」

   なじみの店からメールがあり、
   『行ったんだ・・・』

   帰宅時間から考えると、もう一軒行ったらしい。

   全く記憶無し。

   たぶんご迷惑をお掛けしたはず。

   ごめんなさい、正月に免じてお許しください。

(ろ)面白かった本

   「この話、続けてもいいですか。」 西加奈子 ちくま文庫

   ※ 青臭いところがいい!

(は)とことん迷いましたが、マイナンバーを受け取りました。

   年末の落語協会納会で、事務局から脅されましてね。

   「皆さんは個人事業主です、必ず取得して、自分で管理せよ!」

   まあ、受け取るだけでも大変でしたよ。

   こんな見切り発車の混乱状態で、どうなるんでしょう。
   再び「アベ政治を許さない」と兜太先生に書いて頂きたい。

   アベは何がやりたいのか、ちっともわからん。
   こちらは迷惑するばかり。

(に)年末に放送された扇橋の「ねずみ」はお聴き頂けましたでしょうか。

   師匠62歳時の録音。
   あたしが二ツ目になったばかりです。

   よく喋っていたマクラも懐かしい。
   本編「ねずみ」のいいこと!

   口調がのんびりしているから
   わかりににくいのですが、テンポがいいんだ。

   あんなに媚びずに出来ないわな。

   扇橋の弟子でよかった。


 

ごあいさつ

 投稿者:入船亭扇辰  投稿日:2016年 1月 1日(金)08時04分47秒
  明けましておめでとうございます

本年もよろしくお願い申し上げます


           平成28年  元旦     入船亭扇辰


 

いろはに雑感・630

 投稿者:入船亭扇辰  投稿日:2015年12月31日(木)12時15分56秒
  (い)今年の喋り納めは「浦和市民寄席」。
   「道灌」「鰍澤」の二席。

   ・TOGUROさま

    お楽しみ頂けましたでしょうか?
    毎度のご贔屓に感謝申し上げます。

(ろ)仕事納めは「吉例 ノラや大忘年会」で三K辰文舎。

   プラチナチケットをご入手された皆さまと
   楽しく歌って終わるのは、めでたくていいやね。

   九州、東北からお越しのかたもいらして、
   嬉しく思いました。

   さおり嬢の谷村新司に全て持っていかれましたよ。

(は)不祝儀が多い年でした。

   順番とはいえ、淋しい。

   せめて噺家らしく、明るく偲びたい。

(に)今年もよく働きました。

   皆さまに心より御礼申し上げます。

   来年も元日からお目通りします。
   ご来場お待ちしております。

   皆さま、佳い新年をお迎えくださいませ。



   
 

/45