投稿者
 メール
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]

スレッド一覧

  1. ◎━時 計:シャネル、コルム、オメガ、ゼニス、オリス、クストス(0)
  2. 返信ありがとう(0)
  3. ぽろりっ(0)
スレッド一覧(全3)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


いろはに雑感・658

 投稿者:入船亭扇辰  投稿日:2016年11月20日(日)21時23分45秒
編集済
  ( い )   お書き込みありがとうございます。

           ・ Sさま

                まあ、細かいところまでお聴き頂きありがとうございます。
                どうぞ気楽にお聴きください。

                Amazon、大した手間ではなかったです。
                慣れないだけで。

                ご厚情に深謝申し上げます。

( ろ )   いよいよ明日から鈴本の主任興行です。

           ネタは変えるつもりです。
           大勢さまのご来場をお待ちしております。

           割引きをご活用くださいまし。

           やるよ~っ!

( は )   久しぶりに喧嘩しました。

           相手は小役人。
           大したことないのに、威張る奴が大っ嫌い。

           手前えの仕事振りを子や孫に見せられるのかねぇ?

           つまんねえ人生だな。

           あたしゃ、小役人と闘うよ。

           主催者さんには申し訳ないことをしましたが。



 

師匠の噺

 投稿者:S  投稿日:2016年11月19日(土)23時16分46秒
  Sです。

掲示板を拝見いたしました。
コメントを頂いて恐縮しております。
こちらこそ、ご挨拶ないままの非礼をお詫びするとともに、師匠のお心遣いに深謝申し上げます。

使い勝手の方まで頭が回らず、お手数をおかけしてしまったようで申し訳ありませんでした。

読書がお好きな師匠。
Facebook掲載のお写真で、Kindleをご利用だったので、安易に考えてしまいました。

でも、たぶん。
師匠は本当は、人の手による、温かみのある、紙の本がお好きなのではと、今ではそう想像しています。

これまで師匠の会に伺った際に、何度か思い出の品々の事をマクラでお話しされていらっしゃいました。
モノに宿る想いを、実に大切にされる師匠の愛情深さが伝わって参りました。

そういう師匠ならではの、師匠が紡ぐ味わいある噺が、私はとても好きです。

三井の大黒  棟梁政五郎
匙加減  ご隠居八兵衛
甲府ぃ、徂徠豆腐
    豆腐屋の旦那とおかみさん
夢の酒  大旦那
雪とん  船宿の女将

枚挙にいとまがないですが、師匠が語る世話焼きで懐の深い人たちには、いつも何だか胸が熱くなります。

化け物使い 吉田さん
藁人形  西念さん
麻のれん  杢市さん

こういった人々に見え隠れする、なんとも言えない愛しさも、物哀しさも、師匠の噺ならではのもの。

茄子娘
宋全和尚が高台から見下ろす豊かな農村の風景

竹の水仙
甚五郎が一本見定めた竹をツーっと見上げた頭上に広がる竹藪の緑と空の青さ

雪とん
船宿の女将が開けた障子窓の向こうの白い雪景色

匙加減
お土産をねだって袖を引っ張るご隠居のおかみさんの力強さ

三番蔵
定吉が全体重をかけないと開かない、重い重い蔵の扉

麻のれん
杢市さんが整える麻の布の重み

片棒
山車の人形の硬い質感

特に真骨頂と思うのは、想像力が掻き立てられる質量や情景描写。

これだけ丁寧に描かれるのに、どれだけのお稽古を重ねられるのでしょう。
きっと一つ一つのことを大切にされている師匠だからこそ、師匠ならではの味わいある噺になっていると思うのです。


落語って想像の世界なので、感想も独りよがりで大変お恥ずかしいのですが、師匠の噺は、私にはこんな風にとても魅力的です。

寄席の浅い出番や膝前などで、鮮やかに芝居を調整、牽引なさる師匠の挑みっぷりもいいなと思いますが、トリや独演会は、そんな師匠の魅力を堪能出来るのが嬉しいところ。

お身体に気をつけて、これからも師匠ならではの素敵な噺を聞かせて下さい。


 

いろはに雑感・657

 投稿者:入船亭扇辰  投稿日:2016年11月18日(金)22時55分35秒
編集済
  (い)お書き込みありがとうございます。

   ・clap461さま

    録音には録音の良さがありますよね。
    お買い上げに感謝。

    それもありがたいのですが、
    毎度のご来場に深謝申し上げます。

   ・かずかさま

    お忙しい中、ご来場、お手伝い頂きありがとうございました。

    ホントだね?
    次回は持ち帰っちゃいますよ。

    え~っと、駅前の第一ホテルの803号室です。

   ・関屋亭地口さま

    またまたお世話になりました。
    22年ですもんね!

    お互い、兼好・・・じゃないよ、このバカパソコン!

    ・・・すいません、健康に気を付けて、
    これからも長~いお付き合いを。

(ろ)そんなわけで

   新潟市で「関屋田町ふれあい寄席」「虹色寄席」。
   どちらも濃~い会でした。

   長岡と新潟と近いのですが、
   食文化は違いますね。

   新潟のほうが洗練されているかな。
   長岡は馴染みのある味(当たり前ですが)。

   いずれにしても、越後は食い物も酒も旨いっ!

   全国を旅している私が保証しますよ。

   新潟は美味いっ!

(は)面白かった本

   「鴨川ホルモー」 万城目学 角川文庫

   「ホルモー六景」 万城目学 角川文庫

   「鹿男あをによし」万城目学 幻冬舎文庫


   ※ 万城目さん、面白ぇなあ!

      書店に平積みにしてありましたが、
      帯の「映画化」「テレビ化」がイヤでね。
      何となく敬遠しておりました。

      読んだら面白いわ。

      もう、夢中で読んでいます。

(に)お客さまがたに、色んな御品を頂いてありがたいことです。

   前掲の書籍は電子版で読んだのですが、
   頂いた電子御祝儀で購入しましたのよ。

   あたしゃ、初めての体験で、
   正直どう使っていいのやら方策もわからず。

   ところがAmazonは即、応えましたねぇ。

   凄い世の中になった。

   Sさま、ありがとうございました。
   有効に使っております。

   ここで御礼申し上げるのも失礼と存じますが。

(ほ)空き日があると、若い人のお稽古が入ります。
   本日は前座さんに「千早ふる」を。

   一席丸々喋った後、

   扇辰「老婆心ながら、この歌の本当の意味は、こうだからね」
   前座「・・・へぇ~・・・そうなんですか・・・」

   扇辰「で、『千早ふる』っていうのは、枕詞だからね」
   前座「・・・・・・『ま、まくらことば』って・・・何ですか?」

   おいおい、義務教育で習ったはずだぜ。

   いや~、疲れるわ。


 

田町独演会御礼!

 投稿者:関屋亭地口  投稿日:2016年11月14日(月)12時50分0秒
編集済
  新潟口演お疲れさまでした。
天気にも恵まれ関屋田町落語会は
予定人数80名に達しましたので皆、喜んでします。
あまり師匠の人気が上がるとキャパオーバーとなるので
匙加減が微妙です。
大岡越前にでも相談いたします。

去年リクエストの一席も盛り上がりあがりましたね。
「悋気の独楽」どこかで売ってないですかねー?

打ち上げ後個人的には新潟の可憐な宵待ち草でも摘みに
繰り出したかったのですが・・・
またいつか、皆で周年祭のときでも考えます。

春風亭一猿さんにもよろしくお伝え下さい
来年もとの声が多いです。
それではまた、おめにかかるまでお元気で!。


追伸:暮らしの手帳購入いたします。
   かみさん購入前の商品試験大事ですよね!
 

関屋田町 ふれあい寄席

 投稿者:かずかメール  投稿日:2016年11月13日(日)15時16分56秒
編集済
  11月12日の寄席は、とても楽しく参加させていただきました。『化け物つかい』は高座で生で聞いたことのない噺だったので、本当に貴重な機会となりました。ありがとうございました!

夜のお席では、左隣に座りながらお酌をあまりできず申し訳ございませんでした。憧れの方の隣に座らせいただいて、ただただフワフワしておりました。その後、お持ち帰りいただければ…(笑)

本当は、翌13日の虹色寄席も伺いたかったのですが、やることが山積みでトンボ帰りで大学院の方へ戻ってきてしまいました。虹色寄席も素敵な噺家さんがたくさん出演されておられてホント伺いたかったです。

また時間を見みつけて、定席寄席に伺わせていただこうと思っております。その日を楽しみに研究に励もうと思います。デスクの上に、師匠と一猿さんの色紙、飾らせていただいております。月末に関東方面に用事がありますので、27日の鈴本夜席に遊びに伺ってまた、師匠の落語を楽しませていただこうと思います。

急に寒くなりましたが、くれぐれもお大事になさってくださいm(__)m
 

CD

 投稿者:clap461  投稿日:2016年11月 3日(木)09時30分19秒
  31日のCD発売記念の会でCD購入しました。究極の音にこだわるというコピーのCD
でしたが、そのとおりなかなかいい音です。
これまでのCDと比較してもいい感じですね。
噺ももちろん、いいですが、音の良さが臨場感を高めてくれます。
落語はライブが最高ですが、CDもいいもんですね。
 

いろはに雑感・656

 投稿者:入船亭扇辰  投稿日:2016年11月 2日(水)23時16分16秒
編集済
  (い)お書き込みありがとうございます

   ・新参者さま

    へい、おいら達ァ柳家一門でござんす。

    意識にも記憶にもないのですが、
    馬風師匠のご発言に、思わず背が伸びたのでしょうか。

    この頁で、大変失礼と存じますが、
    その節は結構な御品を思いもよらぬ形で頂き、
    ありがとうございました!

   ・あゆぽんさま

    「徂徠豆腐」そろそろ演りますよ。

    ネタ出しできる会は今のところありませんが、
    近々の独演会が狙い目かと思います。

   ・clap461さま

    毎度のご来場ありがとうございます。

    「目黒の秋刀魚」は、これからイヤというほど
    お聴きになると思われます。

    ご覚悟くださいまし。

(ろ)三田落語会の開演前、権太楼師匠に取材がありました。

   (某大手マスコミさん、あたしには全く関係なし)

   ついでに公演をご覧になった取材者さん、
   感激していらっしゃいましたね。

   「凄いものを見た」って。

   遅いよ。

   (あたしじゃありませんよ)

(は)面白かった本

   「オレンジシルク」 神田茜 新潮社

   「頼みある仲の酒宴かな」 佐藤雅美 文春文庫

   「オリガ・モリソヴナの反語法」 米原万里 集英社文庫

(に)故郷(長岡)で仕事がありました。
   たいがい日帰りなのですが、久しぶりに生家に宿泊。

   朝めしを食いながら

   扇辰「ウチには、ポン酢なんか無いよね?」
   母 「う~ん、無いと思うよ」

   親父が好き嫌いが多くて、
   特に酸っぱいものがダメ。

   酸いものが食卓にあるだけで機嫌が悪くなる困ったちゃん。
   そのくせ寿司は食うからタチが悪いのよ。

   冷蔵庫を漁ってみたら、ありましたよ「ミツカン 味ぽん」。

   でもね、なにか変なの。
   冷蔵庫に入れてあるのに、レッテルが劣化しているのね。

   よ~く見たら、賞味期限『55.5.24』。

   西暦じゃないでしょう。
   してみると昭和55年だよ。
   あたしが高校に入学した年。
   製造したのは中学生の頃でしょう。

   おおよそ40年ものの「ポン酢」!

   おそるおそる味見しました。
   酸味が飛んじゃって、例えようのない味。
   ま、旨くはありませんな。

   もったいないと思うこともなく、即処分しました。

   中身の液体を空けても、
   瓶の内側に色素が残って黒々としてるんだよ。

   お前はビール瓶か。

   こんなもの、いつまで取っておくんだ。

   しかし、考えてみると・・・

   何かの加減で実母が買ったのでしょう。
   あるいは頂き物かな。

   母が他界し、親父が再婚し、子供(兄と扇辰)が上京し、
   親父が身罷った、この40年間。

   あの「ポン酢」は、ず~っと冷蔵庫の中で我が家の音を聴いていたのだな。

   そう思うと愛おしい気がします。

   あらら、もう捨てちゃったよ。
   写真くらい撮っておけばよかった。

   『55.5.24』


  
 

お知らせ

 投稿者:入船亭扇辰  投稿日:2016年10月26日(水)13時40分21秒
編集済
  「東京かわら版 11月号」に誤記載がありました


11月19日(土) 第9回 ユタカプラン落語会


◯ 入船亭扇辰独演会

× 入船亭小辰独演会


ご留意くださいませ。


東京かわら版が間違えましたのよ。

あたし(扇辰)の会です!

お間違えのないよう。


扇辰

 

三田落語会

 投稿者:clap461  投稿日:2016年10月23日(日)06時49分25秒
  昨日、三田落語会の夜席にうかがいました。
権太楼師匠との二人会でした。演目は扇辰師匠が「藁人形」と「目黒のさんま」。権太楼師匠がまくらを振りそこなった「抜け雀」と「文七元結」でした。

二人会はよく伺いますし、扇辰師匠の二人会も結構行きますが、今回の二人会はいつもとはかなり違っていたように思います。相乗効果というか、扇辰師匠が権太楼師匠に火をつけたというか。

権太楼師匠との二人会が真打になって東京では初めてというのはすごく意外でした。
これが本当の二人会なんだなって思いました。

師匠の目黒のさんま、初めて聞きました。師匠の中の田中三太夫さんは、あんまりぼけてない人なんでしょうか。松曳きなんかの田中三太夫さんはボケキャラですね。

今月は末日の新宿でのCD発売記念会に参加させていただきます。11月は今のところ、3回は予定しております。寒くなってきました。腰をご自愛ください。
 

「匙加減」堪能しました♪

 投稿者:あゆぽん  投稿日:2016年10月14日(金)02時36分29秒
  にぎわい座での高座、堪能させていただきました。
やはり、扇辰師匠の高座はいいですね。
私は、帰りの京浜東北線が途中で停まってしまって
小一時間足止め食らっちゃいましたけど、
師匠は無事にお帰りになられたでしょうか…。

急に肌寒くなりました。体調崩さないようご自愛くださいね。
本格的に寒くなったら、「鰍沢」聴かせてくださいね!!
 

「徂徠豆腐」を聴きたいです!

 投稿者:あゆぽん  投稿日:2016年10月 6日(木)00時22分29秒
編集済
  7月の鈴本で琴調先生の「匙加減」を聴いてから扇辰さんで聴きたくて。
それは、来週のにぎわい座で聴ける予定なので今からウキウキなのですが、
今夜の鈴本で琴調先生が「徂徠豆腐」。またまた扇辰さんで聴きたいモードに。

ですが! 家に帰って確認したら、扇辰さんで聴いたことないのです、私。
なのに、あー、これを扇辰師匠で聴きたいなぁと思いました。どうしてでしょう…。
ネタだし出来る会でなさる時は早めにお知らせください。行きますっ!!
 

矜恃拝見

 投稿者:新参者  投稿日:2016年 9月30日(金)22時11分47秒
編集済
  三代目 橘家文蔵襲名披露興行 九日目
お写真を掲載されておられますが
とても素晴らしかった口上の感想を少々

文蔵師匠への愛溢れるお話が
順々に続くと思いきや
馬風師匠の最後になんと一撃が!
豪華なお歴々が一斉にゴロ~ン
衝撃の人間ドミノのその後に
てんでにわらわらと這って散るは
さながら無邪気な子犬の群れ
袴のお尻しか見えない方とか
いつのまにかちゃっかり
中央に鎮座なさる方とか
すったもんだで再び体制が整うまで
こちらも手に汗握り、目にも涙
司会お取りまとめの心労如何許りかと
(大爆笑で)
息も絶え絶えでございました

もちろんもちろん舞台の上のみならず
客席も文蔵師匠への愛溢れる空気で
とても心温まるお披露目興行でした

でも、何より忘れられない瞬間が
馬風師匠から五代目小さん師匠の
お名前が出た時のこと

居並ぶ皆様の空気がスッと変わり
その凛とした佇まいの美しさには
溜息が出るほどでございました

ともかく本当にその垣間見た瞬間は
皆様誇らしげで大変印象的だったことを
書き添えさせて頂きます
(カッコ良かった!)

ともあれ口上はさぞ緊張されるのでしょうね
師匠にとっても長丁場かと存じます
どうぞくれぐれもご自愛下さい
 

いろはに雑感 ・655

 投稿者:入船亭扇辰  投稿日:2016年 9月28日(水)15時38分13秒
編集済
  ( い ) お書き込みありがとうございます。

         ・clap461 さま   ちゃおさま   人生模索中さま   キッチュさま   ちいさま

            謝楽祭、落語会にお出かけ頂きありがとうございます。

            余裕がありませんでね、ほったらかしで申し訳ございません。

            嬉しく楽しく拝読しております。

( ろ ) スケジュール帳で確認しましたら、46日連続で働きました。

         その間に、末廣亭主任、謝楽祭、独演会、ホール落語会、ネタおろし、披露興行などなど。

         よく生きていますよ。

         扇辰くん、偉いっ!

         手前ぇで誉めるしかありませんな。

         今日は一月半ぶりの完全休養日。

        また明日から頑張ります。

( は ) 発売中の「 暮しの手帖 」に記事が掲載されました。

         旬な雑誌です。

         カミさんが主な取材対象ですが、私がいなけりゃ成立しません。
         キーパーソンですな。

         ご一読頂ければ幸いです。
         ま、ノロケ記事にアホ面ですが。

         「 所帯を持つ前に、商品テストしておくべきでした 」

         珠玉のギャグは、雑誌の性格上カットされましたが。









        
 

ワザオギ落語会

 投稿者:人生模索中メール  投稿日:2016年 9月18日(日)07時47分26秒
  昨日のワザオギ落語会で、話が終わって座布団を下げて、頭を下げた時、っえ!大丈夫??足が!
癖にならないと、良いのですが(。-_-。)
 

心配

 投稿者:人生模索中メール  投稿日:2016年 9月18日(日)07時41分30秒
  最近、扇辰師の独演会に行ってると、足で音を鳴らす時、小さくならないのが気になります。竹の水仙で、階段を登る時、音が小さい……
一時期、正座が、できない時期がありましたが、尾を引いてないですか?心配です(。-_-。)
 

ご無沙汰しております

 投稿者:ちい  投稿日:2016年 9月14日(水)15時00分28秒
編集済
  ずいぶんと久方ぶりの書き込みです。
先日、9/9土曜、行徳での落語会にお邪魔いたしました。
何年ぶりでしょうか、「生」落語。
やっぱいいものですね。
円熟した師匠の話しっぷり。相変わらずのはっちゃけた喬太郎師匠。

師匠にぜひともお会いして挨拶したかったのですが、すでに帰られたとのこと。
残念でした。

次回は中野での扇辰日和、堪能したいものです。
えっ、打ち上げは出禁ですかww??
 

字を間違えました

 投稿者:clap461  投稿日:2016年 9月 9日(金)12時40分24秒
  謝落祭ではなく、謝楽祭でしたね。失礼しました。
 

謝楽祭

 投稿者:キッチュ  投稿日:2016年 9月 9日(金)00時03分23秒
  >ちゃお様

来年の謝楽祭では、ぜひ橘流の「寄席文字の店」に
いの一番にお立ち寄りくださいませ。
サイン用の色紙(謝楽祭ロゴ入り)を、サインペン付きで販売しております。
私は売り子のお手伝いをしましたが、今年は結構な勢いで完売しました。
 

襲名

 投稿者:人生模索中メール  投稿日:2016年 9月 7日(水)21時25分29秒
  文左衛門師が文蔵師になって成金なら、扇辰師も扇長師になって成金になりませんか(〃^ω^〃)  

襲名

 投稿者:人生模索中メール  投稿日:2016年 9月 7日(水)21時21分29秒
  文左衛門師が文蔵師になって成金でしたら、扇辰師も扇長師になって成金になりましょうよ(〃^ω^〃)  

謝楽祭

 投稿者:人生模索中メール  投稿日:2016年 9月 7日(水)21時18分28秒
  菊之丞師の「エエボボ」は、何が変なんですか?下ネタ?
っていうよりも、エボエボと読む人が多かったですよ(〃^ω^〃)
 

(無題)

 投稿者:ちゃお  投稿日:2016年 9月 7日(水)20時12分13秒
編集済
  遅ればせながら、謝楽祭、とっても楽しませていただきました~。
天気も歌詞間違いも三代目の遠慮気味のドラムも、屋外ならではのお楽しみというコトで!
いつもの素敵なハーモニーはもとより、新曲にはシビレました♪

終演後は師匠の周りをとりまく列に怖れをなし、木の陰から遠く見つめるだけでした…(O_O)ドキドキ

皆さまサイン帳片手に、師匠方を見つけては声をかけていらっしゃって。ポケモンスタンプラリーかと思いましたわ^^;
私も来年はちゃんと用意していこ…。

金曜日は駈け込みで鈴本へ参ります!
↑あ、でも金曜日はシブラクのニコ生中継だ!
師匠の出番、帰ってからじゃ間に合わないかな…!?
 

Tシャツ買いました

 投稿者:clap461  投稿日:2016年 9月 7日(水)18時59分58秒
  謝落祭、お疲れ様でした。サインも頂戴し、ライブも見れて楽しかったです。ありがとうございます。
ライブと時に師匠が入船亭のTシャツの話をされたので、終了後買いに行こうといこうと
思ってましたが、サイズに迷うところでした。
近くに辰のこさんがいたので、「Tシャツのサイズ何?」って聞いたら、「XLです」って
言ってましたので、迷わずXLを購入しました。

小辰さんだったか、師匠の紹介は効果絶大と話してました。
なんと破格の2千円です。文左衛門師匠のところは3千円でした。
11日の中野の独演会には着てこうと思ってます。
 

いろはに雑感・654

 投稿者:入船亭扇辰  投稿日:2016年 9月 6日(火)00時46分5秒
編集済
  (い)「謝楽祭2016」無事終了しました。
   大勢さまのご来場ありがとうございました。

   ・楽々さま

    お目に掛かれるとは思いませんで、
    嬉しゅうございました。

    おカミさんにも、よろしくお伝えくださいまし。

    寄席の根多はベタですいません。
    時期ですので。

   ・あゆぽんさま

    あらまあ、お会いしていたのですね!

    ご遠慮なさらずに、お声をお掛けくださいましな。
    機会がありましたら是非。

    ご贔屓に感謝申し上げます。

(ろ)謝楽祭当日の天気予報は「降雨60%」。

   あたしゃ5時に起きて湯島天神に向かいましたが、
   到着後もぐずぐずの空模様。

   この天候じゃ、最悪の場合ライブはできないと覚悟。
   歌うだけならいいのですが、楽器がダメになっちゃいますのでねぇ。
   下手すると感電することさえありますのよ。

   開場当初は小雨も混じっていました。

   そのうちに陽が差してくるじゃありませんか。
   いったん晴れ出したらクソ暑いこと。

   でも降雨に比べりゃ、百倍いいや。

   さすが、晴れ男の実行委員長・林家彦いち師匠!

   「来年も委員長だな」の声に、彦さんゲンナリしていましたよ。

(は)入船亭一門では初めて出店しました。

   師匠の好物「コーヒー・さつま芋」、扇橋の句の「ポストカード」。

   200名さま以上のかたがお買い上げくださいました。

   これも師匠の置き土産ですな。

   師匠の娘さんご一家も、お顔をだしてくださったのは嬉しかった。

(に)隣店・菊之丞師の「たこ焼ブース」の看板がね!

   こりゃ、驚いた。

   FB、Twitterに写真があります。

   故意か偶然か。

(ほ)公称1万8千人のご来場とのこと。

   ありがたいことです。

   私が覚えているだけでも
   熊本、山口、広島、静岡、岐阜、群馬、栃木、長野、新潟・・・から!

   (まだまだ、他県のかたも)

   よくぞいらっしゃいました。

(へ)三K辰文舎のライブは、いかがでしたでしょうか。

   野外は難しいわな。
   歌詞、ギターとも間違え放題。

   お客さまに助けて頂きました。

   「橘家文左衛門」という人とご一緒できるのも、これで最後。

(と)そんなわけで、明日は「文左衛門 改め 三代目橘家文蔵 襲名披露宴」。

   文蔵兄さんかぁ・・・。

   あれっ? (と)は「成金」だよ、文蔵兄さん!


 

謝楽祭、楽しかったです♪

 投稿者:あゆぽん  投稿日:2016年 9月 5日(月)01時19分15秒
  扇辰さんのサインがいただけたのも嬉しく。
三K辰文舎のライブもとても楽しかったです。
サインいただいた時に「匙加減」が聴きたい「あゆぽん」ですとは言えなくて。
だって、サインいただくだけで勇気いっぱいだったので…

にぎわい座は、確かにちょいと遠いので、あまり情報を入れないようにしていて。
でも、扇辰さんの「匙加減」が聴けて、ご本人から「よろしければ是非!」なんて言っていただいて、
これは嬉しくて行っちゃいますよ。決して無理はしておりませんのでご安心を。
また寄席の扇辰さんも聴きに行かせていただきますね。
 

落語三昧

 投稿者:楽々  投稿日:2016年 9月 4日(日)19時45分33秒
   2日…鈴本夜席お邪魔しました…団子坂奇談…一番聞いている噺かもです。

 3日…午前中、三遊亭兼好師の独演会へ 午後は小辰さん・遊京さんの二人会へ。

 4日…謝楽祭へ…円朝まつりは3回行きましたが、謝楽祭は初めて…ご挨拶も出来まして、楽しませて頂きました…しかし、暑かった…。
 

いろはに雑感・653

 投稿者:入船亭扇辰  投稿日:2016年 9月 2日(金)22時23分2秒
  (い)お書き込みありがとうございます

   ・ちゃおさま

    謝楽祭、お待ちしております。

    三K辰文舎の出演、予告では14時になっていますが、
    セッティング等の手間がかかるので、14時過ぎになると思われます。

    新曲もあり!

    お楽しみに。

   ・あゆぽんさま

    なんだか催促したみたいですいませんね。

    ちょいとばかり遠いところを恐れ入ります。

    他の皆さまにも見習って頂きたいです。

(ろ)コンビニでノンアルコールビールを購入しました。

   レジで「ピッ」とやると、
   画面に『 20歳以上ですか? 』の表示が出ましたよ。

   もちろん成人ですし、そもそもノンアルコール飲料なんだけどな。

   扇辰「これ、変じゃない?」
   店員「そうなんですよ、ボクもおかしいと思うんですが・・・」

   確かに見た目は本物そっくりですがね。

   今度「シガレットチョコ」を買ってみようっと。


 

匙加減!

 投稿者:あゆぽん  投稿日:2016年 9月 2日(金)00時13分54秒
編集済
  にぎわい座は、ちょいとばかり遠いのです。
ですが、扇辰さんの「匙加減」を聴きたい気持ちが勝ちまして、
チケットおさえました! 楽しみです(^^)
 

謝楽祭

 投稿者:ちゃお  投稿日:2016年 9月 1日(木)16時02分21秒
  とうとう今年も2/3を過ぎてしまいましたね。

謝楽祭、三K出演情報ツイッターで拝見しました、ありがとうございます。
午後なら間に合う!良かったー。
しばらく聴けないと思っておりましたので、楽しみです。しっかり目と耳に焼き付けておきまする。

末廣は伺えませんでしたが、鈴本上席にはなんとか!
 

いろはに雑感・652

 投稿者:入船亭扇辰  投稿日:2016年 9月 1日(木)12時56分29秒
編集済
  (い)末廣亭の主任興行、無事終了しました。

   台風二度襲来という悪天候にも関わらず、
   大勢さまのご来場、ありがとうございました!

   ・あゆぽんさま

    貴重な日曜日にお出掛け頂き、ありがとうございました。

    「匙加減」は横浜にぎわい座の独演会(※)でネタ出ししております。

    ご都合がよろしければ是非!

    お待ちしておりますよ。うふふ。

    ・・・すいません。

    (※)第八回 扇辰日和

       10月13日(木)横浜にぎわい座 開演19時

(ろ)十日間休まず寄席の出番をつとめたのは久しぶり。

   さすがに疲れましたなぁ。

   日々心地よい緊張感があり、
   これが噺家の肉となり、骨となります。

   あたしゃ寄席が大好き!

(は)面白かった本

   「漂うままに島に着き」 内澤旬子 朝日新聞出版

    ※ 家畜の飼育、闘病、移住・・・

       ネタにするためじゃないのかと邪推するくらい凄い女性

(に)某落語会にて

   前座「主催者さんから、お弁当とお土産です」
   扇辰「何のお弁当?」
   前座「牛丼みたいなものです」
   扇辰「お土産は、何?」
   前座「・・・確か、最中(もなか)だとか・・・」

   自宅に頂き物の甘味がございましてね、

   扇辰「最中は君に上げる」
   前座「お弁当は?」
   扇辰「俺が喰う!」

   よくあることです。

   甘いものは好きなんですが、
   大量には食しません。

   これがお客さまに頂いた御品なら、
   迷わず持ち帰るのですがね。

   後日、Aさんと話していましたら、

   A嬢 「空也の最中、美味しかったですね」
   扇辰「・・・はぁ?」
   A嬢 「扇辰さんも頂いたでしょ?」
   扇辰「・・・◯◯落語会のお土産?」
   A嬢 「そうですよ、美味しいですよね、空也」

   ええっ!
   空也(くうや)だったのか・・・。

   これを我々は「空也喰わず」と言います。

   一言添えてくれよな、空也とか千疋屋とかは。




 

/45