投稿者
 メール
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]

スレッド一覧

  1. ◎━時 計:シャネル、コルム、オメガ、ゼニス、オリス、クストス(0)
  2. 返信ありがとう(0)
  3. ぽろりっ(0)
スレッド一覧(全3)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


甲府い

 投稿者:弥次郎  投稿日:2015年 9月23日(水)08時42分57秒
  鈴本二日目。

豆腐屋のおやじの短気といじりと情け深いところ、扇辰師匠そのものに見えてきた(笑)

いい顔づけの主任興行ですね。

トリに向かって、どんどん会場が盛り上がって来る。

また、寄ろう。


 

鈴本トリ

 投稿者:ひゃの  投稿日:2015年 9月22日(火)23時47分31秒
  扇辰師匠目当てで伺っているのですが、寄席は見所が多いですね。

・文左衛門師匠のおかげ?で、玉の輔師匠現る。
・扇里師匠の入船亭っぽい噺がいいです。
・23日まで手品枠はダーク広和先生のようです。ということで、ちゃんとやっていますよ。
 

流れの豚次

 投稿者:JTm  投稿日:2015年 9月22日(火)12時28分13秒
  遅ればせながら。「男旅牛太郎」、楽しませていただきました。
この物語のこの部分は聞いたことがなかったので、前日に白鳥師の口演で「予習」。
その時に予想した通り、貴族猫・マリーの描き方が、なにより素晴らしかった!
白鳥師も言っておられましたが、まさに、「鰍沢」の月の輪のお熊か・・・あるいは
「藁人形」のお熊か・・・というところ。

名前の違いなんて、なんでもありませぬ。聞く方でしっかり、脳内変換しており
ましたからね。

それにしても、白鳥師の企画のすごさ、この長い噺の各部を誰方に割り振るか、
という設定の妙、恐れ入りました、という感じです。

最近、大圓朝って、実は、白鳥師みたいな人だったのかも??
という、妄想に取りつかれております・・・・
 

鈴本9月下席夜の部初日

 投稿者:TOGUROメール  投稿日:2015年 9月22日(火)00時03分26秒
  久しぶりの鈴本演芸場でしたが、初日に相応しい内容でした。師匠の噺は聴いたことがあるかな、ないかなとはっきりとした記憶が定かではないので、機会がありましたら、演目名を教えてください。充実した夜をありがとうございました。  

いろはに雑感・619

 投稿者:入船亭扇辰  投稿日:2015年 9月17日(木)13時08分53秒
  (い)横浜にぎわい座・扇辰日和、ご来場ありがとうございました。

   ここは喋りやすい小屋ですね。
   お客さまも聴きやすいのではと想像します。

   声がスーっと通るんだな。

(ろ)ホッとする間もなく、通好み。

   こちらは収録があるので、なかなか骨が折れます。
   白酒師の高座も気になるし。

   またまた聴き上手なお客さまに助けられましたな。

(は)やれやれと思う間もなく、今期最大(おそらく)の難所。

   三遊亭白鳥師匠の作品「任侠流れの豚次伝 男旅牛太郎」の口演。

   たしか半年くらい以前にご依頼があり、
   白鳥師の録音を頂いておりました。

   実際に聴いたのは口演の一週間くらい前ですが、
   まあ途方に暮れました。

   面白いんだけど、これは白鳥さんが演るから面白いんだ。

   う~ん、困った・・・。

   白鳥オリジナルのくすぐりをほぼ100パーセント抜いて、
   自分なりの噺に再構築するのは、苦しくも楽しい作業でありました。

   苦しみのほうが格別に大きかったのですが。

   元々の筋がよく出来ているので(白鳥師の才能は凄い)、
   作品としては、なんとかまとまったかなと自負しております。

   ただ、高座は不出来。
   明らかに稽古不足でした。

   名前が出てこないんだ!

   ・・・え~っと、牛太郎じゃなくて、ブル松じゃない!・・・権蔵だっ!

   思い出しながらの高座で冷や汗が出ました。

   白鳥師から熨斗付き(!)の品を頂きました。
   あの人とは長い付き合いですが、モノを貰ったのは初めてです。
   (昔、新潟でタクシーチケットを強奪したことはあります)

   白鳥さんも思い入れがある公演、作品なんでしょうなぁ。

   いい勉強の機会を与えてくださった白鳥兄貴に感謝!

(に)ああ終わったと感慨にひたる間もなく三K辰文舎だっ。

   19日が江ノ島、
   21日は飯能。

   どちらもチケット有ります。

   たくさんのご来場お待ちしております。

   江ノ島は終演後、打ち上げあり。
   なんと食べ物持ち込みできます。

   乾杯しよう。




   
 

いろはに雑感・618

 投稿者:入船亭扇辰  投稿日:2015年 9月13日(日)00時41分58秒
  (い)今年は台風にやられますなぁ。

   鬼怒川の堤防決壊画像に胸が痛くなります。

   こういう時、藝人はとてつもない無力感にかられます。

   被害に遭われた皆さまには、心よりお見舞い申し上げます。

   一日も早い復興を願うばかりです。

(ろ)お書き込みありがとうございます。

   ・ごにょごにょさま

    はい、よ~く覚えておりますよ。
    札幌からいらしてくださったのですか。
    ありがとうございます!

    またお声をお掛けくださいまし。

   ・JTm さま

    毎度のご贔屓ありがとうございます。

    いや大勢さまでしたね。

    「ザ・キッチンイナバーズ」はたまにしか演りません。
    飽きられちゃうから、小出しにしないと・・・。

(は)面白かった本

   「雑誌倶楽部」  出久根達郎 実業之日本社

   「上京ものがたり」西原理恵子 小学館

(に)管理人さんに任せっぱなしのFB。
   今日、発見がありました。

   「◯◯さん、◯◯さん、他◯人がいいね!と言ってます」の
   「◯人」をクリックすると、ズラ~っとお名前が出てくるのね!

   知らなかった・・・。

   「えっ!」っと驚くかたもいらっしゃいますなぁ。

   20年以上お会いしてないかた。
   海外在住の同級生。
   ここには素性を書けないあの人。

   ネットの普及とその威力は驚異的ですね。

   あたしは写真とコメントを管理人さんに送っているだけですが、
   心してやらないとな。

   HP同様ご贔屓くださいまし。

(ほ)明日は横浜にぎわい座で独演会。

   頑張る。

   ご来場お待ちしております。



   
 

謝楽祭

 投稿者:JTm  投稿日:2015年 9月11日(金)13時41分41秒
  会場が広くなって、楽勝!と思っていましたが、予想以上の人出に、もう、
くたびれ果てました。
三K辰文舎の出演を目指して、ただひたすら待っていたような感じです。

三Kもさることながら、「キッチン・イナバーズ」のナンバーにしびれまして、
いまだに、脳内リフレインしている始末・・・・次の遭遇を楽しみにしています。

それにしても、雨続きの昨今、あの日の、晴れとはいいませんが、あの
お天気には、なにやら、奇跡的なものを感じます。

・・・・もちろん、水害の被災者の方々には、心からのお見舞いを申し上げつつ。
 

ありがとうございました。

 投稿者:ごにょごにょ  投稿日:2015年 9月 8日(火)23時38分26秒
  初めての謝楽祭・・。到着する前からわくわくしていましたが,あちらこちらに憧れの師匠方が歩いていたり座っていたりするお姿を見て
プチパニック。見よう見まねで公式ガイドブックやサインペンを購入し,厚かましくサインをお願いしてまわりました。
扇辰師匠にも演奏後にもかかわらず,不躾にサインをお願いしてしまいました。お疲れだったかと思いますが,快くサインしてくださり本当にありがとうございました。扇辰師匠を前にして舞い上がり,ぺこぺこするばかりで気が利くことも言えず,改めてこの場を借りてお礼申し上げます。
札幌に住んでいますが,師匠の独演会や寄席に合わせてまた上京したいと思います(←何だか恩着せがましい表現ですが,実家が東京なものでちょくちょく高齢の親の顔を見に来ているものですから)。
どうぞ,師匠もご自愛下さい。
 

いろはに雑感・617

 投稿者:入船亭扇辰  投稿日:2015年 9月 8日(火)00時43分56秒
編集済
  (い)ネタおろしの会、謝楽祭、NHK番組の収録と怒濤の三日間でした。

   「扇辰くん、よくやった」と、自分を誉めてやりたい。

(ろ)ネタおろしは、まあ、あんなものです。

   師匠の高座を思い浮かべながら、でも同じにならないように。

   ・弥次郎さま

    扇橋のは、どこかほのぼのとした味わいがありました。
    ああいう藝は、なかなかできませんなぁ。

    「おめえは、引くことを覚えると、もっと良くなるのにな」

    師匠の言葉が忘れられません。

(は)謝楽祭

   4時半起床で湯島に向かいました。

   後半、雨が降りましたが、
   お客さまには楽しんで頂けたと思います。

   落語協会の藝人の底力を感じました。

   なかなか表には出ない、
   地道な準備をしてくれた先輩後輩、事務員さんに感謝するばかり。

   三K辰文舎のライブは、あの程度で申し訳なく思っております。
   もうちょっと上手いのですが、戸外の演奏は難しい。

   N師匠、M先生、ベテランの先輩がたに誉められたのが嬉しかった。

   本番の様子はあちらこちらで見られると思います。
   FBに準備時の写真を載せました。

   (正確に言うと、載せてもらいました。自分では何もできませんのよ)

   ご高覧くださいまし。

(に)「終わった~っ!」という感慨にふける間もなく、
   翌日はNHK 「演芸図鑑」の収録。

   年内には放送される由。

   ネタは内緒。

   お楽しみに。

(ほ)さあ、今日は呑む!
   というわけにもいかず・・・。

   明日は三K辰文舎、江ノ島、飯能に向けての稽古じゃ。

   稽古がすべて。
   頑張る。

   9月下席が終わったら、とことん呑む!

   ぐだぐだになる!




 

田能久

 投稿者:弥次郎  投稿日:2015年 9月 6日(日)11時38分44秒
編集済
  昨晩の扇辰喬太郎の会、堪能させていただきました。
特に、田能久のうわばみが怖かった!

扇辰噺の中では、藁人形の西念さん、天狗裁きの天狗、算段の平兵衛の平兵衛、団子坂奇談のお絹さん、化け物使いの吉田のじーさんなどがとても怖い。

しかし、今日のうわばみは怖さの集大成でした。
一番怖かった!

いいね~~~ ^^


そして、扇橋師匠の噺も聴きたくなった。
https://www.youtube.com/watch?v=oYPnLgXFC2E
 

いろはに雑感・616

 投稿者:入船亭扇辰  投稿日:2015年 9月 3日(木)01時06分26秒
編集済
  (い)お書き込みありがとうございます。

   ・TOGUROさま

    余計なことを書いて失礼いたしました。

    父上さま、大事に至らずよろしゅうございました。
    ご健康をお祈りするばかり。

    またの機会にお待ちしております。

   ・JTmさま

    はい、入船亭一門頑張っております。

    あの座談は、わいわい喋ったものを
    東京かわら版のTさんが、上手いことまとめてくださいました。

    素のままじゃ、読むに耐えないものでしたよ。

(ろ)二泊三日で、遅~い夏期休暇をとりました。

   この日程では休む暇もないくらいですが、
   終日ゴロゴロしておりました。

   口惜しいのは、江戸も先方も涼しかったこと!

   避暑にならねぇ。

(は)Y嬢 「芽キャベツ、知ってます?」
   扇辰「・・・知ってるよ」

   Y嬢「芽キャベツの、なりかたですよ?」
   扇辰「・・・意味がわからん」

   画像検索してみてください。

   あたしゃ、ビックリ。

   芽キャベツの成育過程を初めて見ましたが、
   いささかの感動がございました。

(に)面白かった本

   「嘘つきアーニャの真っ赤な真実」 米原万里 角川文庫

(ほ)あっという間に九月ですな。

   一年の 2 / 3 が過ぎたわけです。
   志ん輔師匠が言ってましたが、
   「羊羹」に例えると実感が湧きますね。

   下席(21~30日)は鈴本さんの夜トリです。

   大勢さまのご来場をお待ちしております。






 

かわら版

 投稿者:JTm  投稿日:2015年 8月25日(火)19時57分56秒
  9月号が本日到着。扇橋師匠追悼のご一門座談会を、真っ先に読みました。
亡き人の、そして、そのお弟子さんである皆様の、すてきな人柄が、行間に
にじみ出る、良い座談でした。
まる一ページ以上を埋めた写真を、虫眼鏡片手に(とほほ・・)じっくりと
拝見させていただいてます。

遅れてきたファンの私は、本当に晩年のわずかの高座しか拝見できませんで
したが、それでも、かろうじて間に合って良かったです。

扇橋師匠のご冥福と、ご一門のますますの発展をお祈りします。
 

すいません

 投稿者:TOGUROメール  投稿日:2015年 8月23日(日)00時10分5秒
  師匠、安藤さん、すいません。扇辰日和当日、父が倒れまして、救急車で搬送されました。ですので、行かれないという旨を連絡させていただきました。幸いにして、父も大事には至らず、病院で手持ち無沙汰だと言うので、この機会にとウォークマンを渡し、落語を聞かせたところ、師匠の「徂徠豆腐」が気に入ったようです。中野での楽しみをそのまま鈴本演芸場に持って行きます。  

いろはに雑感・615

 投稿者:入船亭扇辰  投稿日:2015年 8月19日(水)23時47分10秒
  (い)お書き込みありがとうございます。

   ・TOGUROさま

    え~っと、ご来場頂けましたでしょうか。

    いずれにしても根多おろしはあんなものです。

    いいプレッシャーを与えて頂き感謝しております。

   ・AKANISHIYAさま

    ちゃんと聞いて頂き、ありがとうございます。

    ウチの師匠が言いそうなことですねぇ!

    ここに書けないことばかり思い出します。

(ろ)根多おろしが終わり、とりあえずホッとしました。

   「夏は暇なんだから、こういう時こそ稽古するんだ」と師匠がよく言ってました。

   よし!

   奮起したわけですが、こんなクソ暑い時は根多おろしなんかするもんじゃありませんな。
   ちと、くたぶれました。

   来月も根多おろしが二本あるんだ・・・。

   もうひと踏ん張り!

(は)謝楽祭の打ち合わせが続いています。

   暑い中、仕事を抱えながら、みんなよく頑張るわ。

   これだけ準備していても不備があることと思いますが、
   お客さまに楽しんで頂くために藝人たちが一所懸命です。

   ご来場お待ちしておりますよ。

   大いなる洒落っ気をお楽しみに!


 

高校野球

 投稿者:AKANISHIYA  投稿日:2015年 8月18日(火)14時42分29秒
  10数年前の話です。池袋演芸場楽屋、テレビ中継を見て扇橋さんが喬太郎さんに
これどこのチームなの? 喬太郎さん「智弁学園です」 扇橋さん「痛そうな名前だね」
客席は爆笑でした。

ふと思い出したので書いてみました。。
 

心眼

 投稿者:AKANISHIYA  投稿日:2015年 8月16日(日)20時54分51秒
  「床をとる」なんて言い回しを久しぶりに聴きました。
やはり、扇辰は良い。(ちゃんと聞いていますよ)
 

「たがや」楽しみにしています

 投稿者:TOGUROメール  投稿日:2015年 8月10日(月)23時06分1秒
  「たがや」は、師匠にぴったりの演目だと思います。噺の中に出てくる、威勢のいい職人肌、歯切れのいい口調・・・う~ん、早く聴きたい!
 

いろはに雑感・614

 投稿者:入船亭扇辰  投稿日:2015年 8月 7日(金)01時03分50秒
編集済
  (い)皆さま(たぶん)ご同感されることと思いますが、
   落語協会の新ホームページはダメ過ぎますねぇ。

   これじゃ、お客さまのためにならない。

   業者が変わったことについて、
   大人の事情はうかがっておりますが。

   PC等に詳らかでない私でも、
   こりゃダメだと思いますよ。

   パソコン一台あれば起業できるご時勢なのに、
   新規乗り込んで来た業者はセコ過ぎますな。

   あたしらの協会費、
   つまり寄席のあがりがこんなことに使われているのが馬鹿馬鹿しい。

   どうにかならないものか。

   せめて「本日の番組」くらい、正確に出していただきたい。
   それが集客につながることがわからないかねぇ・・・。

   あたしらは客商売なんだ。

(ろ)暑いと、つい叱言になってしまいますな。
   イライラしちゃいけません。

   昨日(8月5日)は「兄弟盃 五杯目」。
   扇遊師匠との二人会でした。

   国立演芸場のスタッフさんが、
   高座袖で聴いていらっしゃいました。

   終演後、主催者に
   「いい会だったね」とささやいてくださった由。

   あたし達には「これ、差し上げます」と、
   同演芸場で撮影したであろう師匠の写真をくださいました。

   (そのうちFBに掲載します)

   打ち上げで、
   「今日来なかったお客さんは損しましたよ」と
   言ってくださった、三味線のE師匠。


   師匠、俺達ァ頑張ってますよ!

  
 

いろはに雑感・613

 投稿者:入船亭扇辰  投稿日:2015年 8月 3日(月)16時59分22秒
  (い)暑中お見舞い申し上げます


   長期予報で「今年は冷夏」と発表した気象庁の責任は問われないのかね?

   「気象庁を許さない」と金子兜太先生に揮毫して頂きたい!

   (あぢいのでデモ行進はしません)

(ろ)「 選外や夏は選者も好不調 」

   先週の朝日俳壇より。

   あっはっは、いいねぇ。
   この句を抜いた選者(長谷川櫂氏)もエラい。

(は)毎夏、近所の女の子が自宅前で行水をつかいます。

   (地べたにチョークで落書きをする、あの姉妹です)

   親御さんがず~っと側についているのは今時ですな。
   その若い父親が、こっくりこっくり、まどろんでいるのもいい風情。

   一夕、少女は浴衣を着せてもらって、はにかんでいました。

   夏も悪いことばかりじゃない。

   洗濯物はすぐ乾くしね。
   何よりビールが美味い。

   皆さまお身体大切にお過ごしくださいませ。


   深々と辞儀を交はして盆の路地   扇辰

  
 

いろはに雑感・ 612

 投稿者:入船亭扇辰  投稿日:2015年 7月31日(金)14時33分51秒
編集済
  (い)   7月30日

         落語協会有志20名ほどで、謝楽祭のポスター貼り。
         三班に別れて湯島界隈のお店に直談判しました。

         「 落語協会ですが、目立つ所に貼ってくださいな 」

         お願いしている側が指図するんだよ。
         図々しいことこの上なし。

         慣れない飛び込み営業でしたが、
         大概のお店が快く引き受けてくださいました。

         「 ウチは狭くてね、貼れないけど貰っておくよ 」
         「  暑い中ご苦労さま 」

         感じいいの。

         ま、「 落語協会 」と「 湯島天神」のネームバリューもあるのでしょうが、
         世知辛い昨今、いい土地柄ですなぁ。

         もっとも浴衣着たお調子者が五六人で行くんだから、
         向こうも逆らえないよな。

         感謝!

(ろ)  面白かった本

         「 非道、行ずべからず」     松井今朝子    集英社文庫

         「 もぎりよ今夜も有難う」 片桐はいり    幻冬舎文庫

(は)   さっきNHKから電話有り。

         明朝 (8月1日)「日本の話芸」で師匠の「へっつい幽霊」を放映してくださる由。

         2002年に放送された番組です。

         病に倒れる以前の師匠を是非ご覧頂きたい。

         4:30 からNHK総合です。

         さて、録画の予約しなくちゃ。




        
 

いろはに雑感・611

 投稿者:入船亭扇辰  投稿日:2015年 7月23日(木)20時58分59秒
  (い)お書き込みありがとうございます

   ・TOGUROさま  Emuraさま

    お心のこもったお悔やみに、感謝申し上げます。

    これからも「入船亭」をご贔屓、お引き立てくださいませ。

(ろ)新しいCDを製作中です。

   言われる前に言っておきますが、歌ではありません。
   落語です。

   年内には発売できると思います。
   詳細が決まりましたらお知らせします。

   本日はジャケットの写真を撮影しました。

(は)しかしあぢいですなぁ。

   ここ数年同じことを書いていると思いますが、
   夏はみんな一斉に休もう。

   それとエアコンの設定温度を上げよう。

   戸外は猛暑、室内は酷寒っておかしいじゃねぇか。

   クソ暑い中、上っ張りを持って歩くのも大変なんだ。

(に)20日は山口県光市「光がんざき亭」で独演会。

   3月にお邪魔するはずが、ぎっくり腰で伺えず。
   今回は不義理の穴埋めをせねばなりません。

   意気込んで高座に上がったとたん「待ってました、ぎっくり腰!」と掛け声が。
   これでお客席がすっかり暖まりましたな。

   お世話役の皆さまが、きめ細かくご配慮してくださいましてね、
   あたしゃ涙が出る思いでしたよ。

   手作りの落語会、また伺いたい。

(ほ)往復の新幹線の寒いこと!

   念を入れて上着を二枚、襟巻きまで持参しましたが、追っ付かない。
   ダウンジャケットが欲しいくらい。

   なんかおかしいんじゃねぇか、ニッポン。

 

お悔やみ申し上げます

 投稿者:Emura  投稿日:2015年 7月20日(月)09時29分15秒
  このたびは、お悔やみ申し上げます。
残念ながら我々は扇橋師匠の生の高座を聴く機会がありませんでしたが、
入船亭の噺家さん方が大好きで、
きっと扇橋師匠を受け継がれているのではないかと思います。
これからも扇辰師匠の高座を楽しみにしております。
 

(無題)

 投稿者:TOGUROメール  投稿日:2015年 7月20日(月)08時49分10秒
  掲示板を見て、驚きました。師匠の高座で、扇橋師匠のお調子が悪いとは聞いていましたが、本当にご愁傷様です。失礼ではありますが、私の好きな師匠の「千早ふる」「三井の大黒」を聞きながら、ご冥福をお祈り申し上げます。  

(無題)

 投稿者:TOGUROメール  投稿日:2015年 7月20日(月)08時38分15秒
  掲示板を見て、驚きました。師匠の高座で扇橋師匠のご調子が悪いとお聞きしていましたが、本当に、ご愁傷様です。私の好きな扇橋師匠の「千早ふる」「三井の大黒」を聞きながら、CDではありますが、惜しい人を亡くしたと痛感している次第です。師匠のご冥福をお祈り申し上げます。  

いろはに雑感・610

 投稿者:入船亭扇辰  投稿日:2015年 7月19日(日)19時52分14秒
  (い)7月10日、師匠・入船亭扇橋が他界いたしました。

   大勢のかたにお悔やみ、励ましのお言葉を頂戴いたしました。
   猛暑の中、葬儀にご参列賜りました。

   ご厚情に深謝申し上げます。

   残念とはいうものの、いつかは来ること。
   また師匠は4年に渡る闘病期間で心の準備をさせてくれました。

   扇橋の弟子らしく、精進して参ります。

(ろ)7月14日が通夜でした。

   何気なく「旧暦の日付」を検索したら「五月二十九日」。

   師匠の誕生日でした!

(は)ありがたいことに、寄席の掛け持ち、落語会が続き、
   悲しんだり、力を落としている暇がございませんでした。

   楽屋はいいね。

   馬鹿っ話しをしながらも、
   自分の高座に集中しなくてはなりません。

   これで暇だったら、あたしゃぐずぐずになっていましたな。

(に)お書き込みありがとうございます

   ・JTm さま

    あたしも出来る限り歩いていますよ。
    たとえ30分でも歩くと体調が違いますね。

    雨もイヤですが、この暑さもイヤです。

   ・枝野さま

    ほとんどなんの特典もない後援会ですが、
    ご寛容ください。

    今後ともご贔屓くださいまし。

    またご丁寧なお悔やみに感謝申し上げます。

(ほ)週刊朝日7月31日号「平成夫婦善哉」に馬鹿面が出ております。

   ま、いわゆる「のろけ記事」ですが、
   師匠の葬儀の最中に頑張って校正しました。
   この了見を買っていただきたい。

   元気な時分の師匠に記事を見せたら、喜んだろうなぁ・・・。

   ご高覧頂ければ幸いです。


 

(無題)

 投稿者:枝野  投稿日:2015年 7月13日(月)23時17分10秒
  扇橋師の突然の訃報に驚いています。
ご冥福を心よりお祈り申し上げます。
 

駒札届きました

 投稿者:枝野  投稿日:2015年 7月 7日(火)08時31分50秒
  昨日、後援会の駒札をいただきました。
これからも、扇辰師匠を応援していきますよ~。
事務局の安藤様 ありがとうございました。
 

そうそう、歩きましょ!

 投稿者:JTm  投稿日:2015年 7月 4日(土)20時48分49秒
編集済
  わたしも二年半ぶりのドック入りで、イエローカードを何枚も突きつけられて、一生懸命歩いております。
三Kの日は、池袋の楽日を見たあとシビックHまで歩きました。
かなりガシガシ歩いてちょうど1時間。春日通りは起伏が少なく気持ちよく歩けました。

本日の神楽坂も、ひと駅手前で下車して歩きましたが・・・あまり歩きではなかったかな?
ただ、お天気次第ですね・・・雨はイヤ!
 

いろはに雑感・609

 投稿者:入船亭扇辰  投稿日:2015年 7月 3日(金)22時33分34秒
  (い)扇辰日和、三K辰文舎と終わりひと息。

   ご来場ありがとうございました。

   ・楽々さま

    最前列は補助席ですので、ご常連さんでも遠慮されるかたがおられます。

    曲数が減ったことによく気付かれました。
    さすがです。

    重症のぎっくり腰は二度目ですのでね、
    一念発起して身体を鍛えております。

    おカミさんによろしくお伝えくださいまし。

(ろ)① 林家ひろ木さんの結婚披露宴でウルトラセブンの着ぐるみを着ることに決定。

    扇辰「それだけじゃ、面白くねぇだろう」
    後輩「いえ、扇辰師匠だからウケるんです」

    結局引き受けることに。

   ② もの凄い暴風雨は侵略者のせいと発覚。
     地球代表として敵と戦えと依頼あり。

    扇辰「俺じゃ務まらねぇだろう」
    兄貴「お前ならできる」

    結局引き受けることに。

    という夢を見ました。

    よくわからん。

(は)面白かった本

   「峠」 司馬遼太郎 新潮文庫

   「ホテルローヤル」 桜木紫乃 集英社文庫

   「石の裏にも三年」 北大路公子 集英社文庫

   「これからはあるくのだ」 角田光代 文春文庫

   「わたしのマトカ」 片桐はいり 幻冬舎文庫

   「グアテマラの弟」 片桐はいり 幻冬舎文庫

(に)ほぼ毎日歩いています。
   30~60分くらいでしょうか。

   もうぎっくり腰はゴメンだっ。

   三ヶ月続けたら、身体が変わったような気がします。

   よい扇辰「あとは酒だな」
   悪い扇辰「酒に決まってるでしょ」
   よい扇辰「どうする?」
   悪い扇辰「無理無理」

   そんなこんなで、つい呑んでしまう。



 

3K辰文舎拝見

 投稿者:楽々  投稿日:2015年 7月 1日(水)20時54分3秒
編集済
   最前列最右翼…嬉しいような、そうでないような席。

 落語では、皆さんのほぼ横顔しか見えない…下へ切ると後頭部が…。

 ライブでは、テクニックが見たい小せん師の右手が譜面台で全く見えない…ピアノを弾く扇辰師の姿が全く見えない…文様のお顔がシンバルで全く見えない。

 文様が「扇辰師が凄い噺を…」とおっしゃてましたが…本当に幾代餅…堪能致しました。

 歌の曲数が減りましたが十分楽しめました。

 同じギックリ腰持ちとしてつらさがよく分かりますので、ご無理なさらずに…。

 昔テレビでやってましたが、腰の筋肉が棒のように硬直するんだそうですね…地獄です。

 また機会を見て参ります。
 

/44