投稿者
 メール
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]

スレッド一覧

  1. ◎━時 計:シャネル、コルム、オメガ、ゼニス、オリス、クストス(0)
  2. 返信ありがとう(0)
  3. ぽろりっ(0)
スレッド一覧(全3)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


ワザオギ落語会

 投稿者:人生模索中メール  投稿日:2016年 9月18日(日)07時47分26秒
  昨日のワザオギ落語会で、話が終わって座布団を下げて、頭を下げた時、っえ!大丈夫??足が!
癖にならないと、良いのですが(。-_-。)
 

心配

 投稿者:人生模索中メール  投稿日:2016年 9月18日(日)07時41分30秒
  最近、扇辰師の独演会に行ってると、足で音を鳴らす時、小さくならないのが気になります。竹の水仙で、階段を登る時、音が小さい……
一時期、正座が、できない時期がありましたが、尾を引いてないですか?心配です(。-_-。)
 

ご無沙汰しております

 投稿者:ちい  投稿日:2016年 9月14日(水)15時00分28秒
編集済
  ずいぶんと久方ぶりの書き込みです。
先日、9/9土曜、行徳での落語会にお邪魔いたしました。
何年ぶりでしょうか、「生」落語。
やっぱいいものですね。
円熟した師匠の話しっぷり。相変わらずのはっちゃけた喬太郎師匠。

師匠にぜひともお会いして挨拶したかったのですが、すでに帰られたとのこと。
残念でした。

次回は中野での扇辰日和、堪能したいものです。
えっ、打ち上げは出禁ですかww??
 

字を間違えました

 投稿者:clap461  投稿日:2016年 9月 9日(金)12時40分24秒
  謝落祭ではなく、謝楽祭でしたね。失礼しました。
 

謝楽祭

 投稿者:キッチュ  投稿日:2016年 9月 9日(金)00時03分23秒
  >ちゃお様

来年の謝楽祭では、ぜひ橘流の「寄席文字の店」に
いの一番にお立ち寄りくださいませ。
サイン用の色紙(謝楽祭ロゴ入り)を、サインペン付きで販売しております。
私は売り子のお手伝いをしましたが、今年は結構な勢いで完売しました。
 

襲名

 投稿者:人生模索中メール  投稿日:2016年 9月 7日(水)21時25分29秒
  文左衛門師が文蔵師になって成金なら、扇辰師も扇長師になって成金になりませんか(〃^ω^〃)  

襲名

 投稿者:人生模索中メール  投稿日:2016年 9月 7日(水)21時21分29秒
  文左衛門師が文蔵師になって成金でしたら、扇辰師も扇長師になって成金になりましょうよ(〃^ω^〃)  

謝楽祭

 投稿者:人生模索中メール  投稿日:2016年 9月 7日(水)21時18分28秒
  菊之丞師の「エエボボ」は、何が変なんですか?下ネタ?
っていうよりも、エボエボと読む人が多かったですよ(〃^ω^〃)
 

(無題)

 投稿者:ちゃお  投稿日:2016年 9月 7日(水)20時12分13秒
編集済
  遅ればせながら、謝楽祭、とっても楽しませていただきました~。
天気も歌詞間違いも三代目の遠慮気味のドラムも、屋外ならではのお楽しみというコトで!
いつもの素敵なハーモニーはもとより、新曲にはシビレました♪

終演後は師匠の周りをとりまく列に怖れをなし、木の陰から遠く見つめるだけでした…(O_O)ドキドキ

皆さまサイン帳片手に、師匠方を見つけては声をかけていらっしゃって。ポケモンスタンプラリーかと思いましたわ^^;
私も来年はちゃんと用意していこ…。

金曜日は駈け込みで鈴本へ参ります!
↑あ、でも金曜日はシブラクのニコ生中継だ!
師匠の出番、帰ってからじゃ間に合わないかな…!?
 

Tシャツ買いました

 投稿者:clap461  投稿日:2016年 9月 7日(水)18時59分58秒
  謝落祭、お疲れ様でした。サインも頂戴し、ライブも見れて楽しかったです。ありがとうございます。
ライブと時に師匠が入船亭のTシャツの話をされたので、終了後買いに行こうといこうと
思ってましたが、サイズに迷うところでした。
近くに辰のこさんがいたので、「Tシャツのサイズ何?」って聞いたら、「XLです」って
言ってましたので、迷わずXLを購入しました。

小辰さんだったか、師匠の紹介は効果絶大と話してました。
なんと破格の2千円です。文左衛門師匠のところは3千円でした。
11日の中野の独演会には着てこうと思ってます。
 

いろはに雑感・654

 投稿者:入船亭扇辰  投稿日:2016年 9月 6日(火)00時46分5秒
編集済
  (い)「謝楽祭2016」無事終了しました。
   大勢さまのご来場ありがとうございました。

   ・楽々さま

    お目に掛かれるとは思いませんで、
    嬉しゅうございました。

    おカミさんにも、よろしくお伝えくださいまし。

    寄席の根多はベタですいません。
    時期ですので。

   ・あゆぽんさま

    あらまあ、お会いしていたのですね!

    ご遠慮なさらずに、お声をお掛けくださいましな。
    機会がありましたら是非。

    ご贔屓に感謝申し上げます。

(ろ)謝楽祭当日の天気予報は「降雨60%」。

   あたしゃ5時に起きて湯島天神に向かいましたが、
   到着後もぐずぐずの空模様。

   この天候じゃ、最悪の場合ライブはできないと覚悟。
   歌うだけならいいのですが、楽器がダメになっちゃいますのでねぇ。
   下手すると感電することさえありますのよ。

   開場当初は小雨も混じっていました。

   そのうちに陽が差してくるじゃありませんか。
   いったん晴れ出したらクソ暑いこと。

   でも降雨に比べりゃ、百倍いいや。

   さすが、晴れ男の実行委員長・林家彦いち師匠!

   「来年も委員長だな」の声に、彦さんゲンナリしていましたよ。

(は)入船亭一門では初めて出店しました。

   師匠の好物「コーヒー・さつま芋」、扇橋の句の「ポストカード」。

   200名さま以上のかたがお買い上げくださいました。

   これも師匠の置き土産ですな。

   師匠の娘さんご一家も、お顔をだしてくださったのは嬉しかった。

(に)隣店・菊之丞師の「たこ焼ブース」の看板がね!

   こりゃ、驚いた。

   FB、Twitterに写真があります。

   故意か偶然か。

(ほ)公称1万8千人のご来場とのこと。

   ありがたいことです。

   私が覚えているだけでも
   熊本、山口、広島、静岡、岐阜、群馬、栃木、長野、新潟・・・から!

   (まだまだ、他県のかたも)

   よくぞいらっしゃいました。

(へ)三K辰文舎のライブは、いかがでしたでしょうか。

   野外は難しいわな。
   歌詞、ギターとも間違え放題。

   お客さまに助けて頂きました。

   「橘家文左衛門」という人とご一緒できるのも、これで最後。

(と)そんなわけで、明日は「文左衛門 改め 三代目橘家文蔵 襲名披露宴」。

   文蔵兄さんかぁ・・・。

   あれっ? (と)は「成金」だよ、文蔵兄さん!


 

謝楽祭、楽しかったです♪

 投稿者:あゆぽん  投稿日:2016年 9月 5日(月)01時19分15秒
  扇辰さんのサインがいただけたのも嬉しく。
三K辰文舎のライブもとても楽しかったです。
サインいただいた時に「匙加減」が聴きたい「あゆぽん」ですとは言えなくて。
だって、サインいただくだけで勇気いっぱいだったので…

にぎわい座は、確かにちょいと遠いので、あまり情報を入れないようにしていて。
でも、扇辰さんの「匙加減」が聴けて、ご本人から「よろしければ是非!」なんて言っていただいて、
これは嬉しくて行っちゃいますよ。決して無理はしておりませんのでご安心を。
また寄席の扇辰さんも聴きに行かせていただきますね。
 

落語三昧

 投稿者:楽々  投稿日:2016年 9月 4日(日)19時45分33秒
   2日…鈴本夜席お邪魔しました…団子坂奇談…一番聞いている噺かもです。

 3日…午前中、三遊亭兼好師の独演会へ 午後は小辰さん・遊京さんの二人会へ。

 4日…謝楽祭へ…円朝まつりは3回行きましたが、謝楽祭は初めて…ご挨拶も出来まして、楽しませて頂きました…しかし、暑かった…。
 

いろはに雑感・653

 投稿者:入船亭扇辰  投稿日:2016年 9月 2日(金)22時23分2秒
  (い)お書き込みありがとうございます

   ・ちゃおさま

    謝楽祭、お待ちしております。

    三K辰文舎の出演、予告では14時になっていますが、
    セッティング等の手間がかかるので、14時過ぎになると思われます。

    新曲もあり!

    お楽しみに。

   ・あゆぽんさま

    なんだか催促したみたいですいませんね。

    ちょいとばかり遠いところを恐れ入ります。

    他の皆さまにも見習って頂きたいです。

(ろ)コンビニでノンアルコールビールを購入しました。

   レジで「ピッ」とやると、
   画面に『 20歳以上ですか? 』の表示が出ましたよ。

   もちろん成人ですし、そもそもノンアルコール飲料なんだけどな。

   扇辰「これ、変じゃない?」
   店員「そうなんですよ、ボクもおかしいと思うんですが・・・」

   確かに見た目は本物そっくりですがね。

   今度「シガレットチョコ」を買ってみようっと。


 

匙加減!

 投稿者:あゆぽん  投稿日:2016年 9月 2日(金)00時13分54秒
編集済
  にぎわい座は、ちょいとばかり遠いのです。
ですが、扇辰さんの「匙加減」を聴きたい気持ちが勝ちまして、
チケットおさえました! 楽しみです(^^)
 

謝楽祭

 投稿者:ちゃお  投稿日:2016年 9月 1日(木)16時02分21秒
  とうとう今年も2/3を過ぎてしまいましたね。

謝楽祭、三K出演情報ツイッターで拝見しました、ありがとうございます。
午後なら間に合う!良かったー。
しばらく聴けないと思っておりましたので、楽しみです。しっかり目と耳に焼き付けておきまする。

末廣は伺えませんでしたが、鈴本上席にはなんとか!
 

いろはに雑感・652

 投稿者:入船亭扇辰  投稿日:2016年 9月 1日(木)12時56分29秒
編集済
  (い)末廣亭の主任興行、無事終了しました。

   台風二度襲来という悪天候にも関わらず、
   大勢さまのご来場、ありがとうございました!

   ・あゆぽんさま

    貴重な日曜日にお出掛け頂き、ありがとうございました。

    「匙加減」は横浜にぎわい座の独演会(※)でネタ出ししております。

    ご都合がよろしければ是非!

    お待ちしておりますよ。うふふ。

    ・・・すいません。

    (※)第八回 扇辰日和

       10月13日(木)横浜にぎわい座 開演19時

(ろ)十日間休まず寄席の出番をつとめたのは久しぶり。

   さすがに疲れましたなぁ。

   日々心地よい緊張感があり、
   これが噺家の肉となり、骨となります。

   あたしゃ寄席が大好き!

(は)面白かった本

   「漂うままに島に着き」 内澤旬子 朝日新聞出版

    ※ 家畜の飼育、闘病、移住・・・

       ネタにするためじゃないのかと邪推するくらい凄い女性

(に)某落語会にて

   前座「主催者さんから、お弁当とお土産です」
   扇辰「何のお弁当?」
   前座「牛丼みたいなものです」
   扇辰「お土産は、何?」
   前座「・・・確か、最中(もなか)だとか・・・」

   自宅に頂き物の甘味がございましてね、

   扇辰「最中は君に上げる」
   前座「お弁当は?」
   扇辰「俺が喰う!」

   よくあることです。

   甘いものは好きなんですが、
   大量には食しません。

   これがお客さまに頂いた御品なら、
   迷わず持ち帰るのですがね。

   後日、Aさんと話していましたら、

   A嬢 「空也の最中、美味しかったですね」
   扇辰「・・・はぁ?」
   A嬢 「扇辰さんも頂いたでしょ?」
   扇辰「・・・◯◯落語会のお土産?」
   A嬢 「そうですよ、美味しいですよね、空也」

   ええっ!
   空也(くうや)だったのか・・・。

   これを我々は「空也喰わず」と言います。

   一言添えてくれよな、空也とか千疋屋とかは。




 

「三方一両損」を堪能です

 投稿者:あゆぽん  投稿日:2016年 8月29日(月)00時58分12秒
  週明けの月曜に行こうかなと思っていたのですが、
台風がどうなるかわからないので、日曜に行かせていただきました。

土曜が「匙加減」だったと聴いて、あー、聴きたかったなぁと思っていたけれど、
日曜の「三方一両損」のキレのいい啖呵と語り口に酔いました。堪能です♪
寄席はいいと嬉しそうな扇辰さんを拝見出来ただけでも嬉しかったかも。ふふ。
ホントに寄席っていいですね。
 

いろはに雑感・651

 投稿者:入船亭扇辰  投稿日:2016年 8月26日(金)13時55分32秒
  (い)お書き込みありがとうございます

   ・あゆぽんさま

    ああ、いつ来てくださるのかしら・・。
    お待ちしているだけで嬉しい。うふふ。

    失礼!

   ・まつさま

    ご来場ありがとうございました。
    うわばみの噺は「田能久」といいます。

    よくぞ、ここまで辿り着いてくださいました。

    またお出掛けくださいまし。

(ろ)面白かった本

   「光圀伝」 冲方丁 角川文庫

   ※ 史実と虚構が混じり合って、一大娯楽に。
     助さん、角さんも出てきます。

(は)末廣亭主任興行も中日まで無事終了。

   沢山のご来場でやる気が出ます。

   日々根多を変えております。
   ご来場お待ちしておりますよ~。

   今、言いたいことは

   「もう半分!」


 

末広亭

 投稿者:まつ  投稿日:2016年 8月23日(火)21時13分12秒
  うわばみの話がよくて、ここまでたどり着きました。
今日の一番だったかな。
 

末廣亭行きます!!

 投稿者:あゆぽんメール  投稿日:2016年 8月21日(日)00時39分18秒
  昨日、9月の扇辰・喬太郎のチケットが届いてニヤニヤしたところですが、
そうでした、下席は末廣亭でしたね。ああ、いつ行こうかしら・・。
そんなことを考えているだけで楽しい。うふふ。
 

いろはに雑感・650

 投稿者:入船亭扇辰  投稿日:2016年 8月20日(土)23時28分2秒
編集済
  (い)お書き込みありがとうございます

   ・AKANISHIYAさま

    ちょっと調べてみました。
    茂原のほうですね。

    機会があったら訪ねてみたいです。

    三田にある墓所にはお参りしましたよ。

(ろ)面白かった本

   「不実な美女か貞淑な醜女か」 米原万里 新潮文庫

   「パンツの面目ふんどしの沽券」米原万里 ちくま文庫

   「剣客商売番外編 黒白」   池波正太郎 新潮文庫

   「剣客商売番外編 ないしょないしょ」 池波正太郎 新潮文庫

    ※ どれも名作ばかり。あまりご参考にはなりませんねぇ。

(は)新しい CD を製作中です。

   10月頃発売予定です。

   正式に決まりましたら、またお知らせします。

   念のため、お断りしておきますが「落語」ですよ。

(に)いよいよ末廣亭の主任興行が始まります。

   暑かろうが、降雨だろうが、十日間休まず頑張りますよ~。

   ご来場お待ちしております。

   寄席へ、寄席へ!


 

荻生徂徠

 投稿者:AKANISHIYA  投稿日:2016年 8月16日(火)15時47分40秒
   八月十五日の朝日新聞夕刊に「荻生徂徠」勉学の地についての記事が掲載されました。
400字程度ですが、顕彰碑がJR外房線「本納駅」徒歩10分の所にあるなど少しは
一席を聴くには参考になるかなと思っての書き込みです。
 

いろはに雑感・649

 投稿者:入船亭扇辰  投稿日:2016年 8月12日(金)13時48分15秒
編集済
  ( い ) お書き込みありがとうございます

・  clap461さま

     「 普通の高座では見られないこと 」は、
      たまにやるからいいのですよね。

      のべつあれだったら価値なし。

      もちろん文左衛門師のご発案ですよ!

・ 新参者さま

     「 三井の大黒 」、甚五郎モノでは一番骨が折れるネタです。
      こういうものを残していくのも噺家の仕事のひとつと心得ています。

      毎度、細やかにご鑑賞頂き、嬉しく思います。

      また、のらりくらりお出掛けくださいまし。


・ ちゃお様

      三Kの出演時間未定です。

      まだな~んにも決まっていませんの。
      決まりましたら、どこかでお知らせいたします。

      ま、お楽しみってことでご勘弁くださいな。


( ろ )  遅くなりましたが、

          残暑お見舞い申し上げます!


          短~い夏休み、何もせずゴロゴロしています。

          読書、オリンピック観戦、ビールで一日が終わる幸せ。

          休み明けは頑張る予定です。


                  鯉跳ねて夢の半ばの籐寝椅子        扇辰





 

謝楽祭

 投稿者:ちゃお  投稿日:2016年 8月 1日(月)11時17分56秒
  お暑うございます。

三K辰文舎ライブがあるではありませんか!!
行きたい、絶対聞きたい!
あゝでも午前は行かれない…
どうか出番が午後でありますように!!
 

三K辰文舎 落語会

 投稿者:新参者  投稿日:2016年 7月26日(火)19時41分45秒
  三井の大黒

とっても楽しく拝見しました。

棟梁 政五郎の気風の良さや、名人 甚五郎の飄々とした様が、棟梁を慕う弟子達とのやりとりの中で、なんと活き活きと 色鮮やかに画かれていたことでしょう。
実に心奪われた小半時でした。

師匠は緻密に人物を描かれますが、時にふとした情景描写も印象的に演出なさいます。

シュルシュルっと、青い大空に軽やかに舞うカンナ屑。
ひょいと羽織を肩掛けにして、にっこり微笑む大黒様。
どの場面も 胸中に ありありと画が結ばれて、どっぷりと心地よい噺の世界に浸りました。

師匠の語りは躍動感と清々しさに満ちて、この作品は本当に気持ち良かったです。

噺自体のもつ力や、継承された演出が、また 師匠の下でも一期一会を積み重ねつつ育まれ、そして きっと 何かが未来永劫受け継がれて行く。
改めて落語って素晴らしい伝承芸だと思います。

「これが最後だ、ぽんしゅうぅぅぅ!」
と、なんともいい表情で叫ぶ政五郎。
こういうの、師匠はとてもお似合いですね。
口は悪くても、どこか人が良くて、目の利く鯔背な江戸の職人。
おそらく多くの方が こうであって欲しいと思い描く、そんな人物が たしかにそこにおりました。
たいそう魅力的な政五郎でした。
ぽんしゅうの凄さも引き立ちます。

次はどんな作品で、どんな人たちに会わせて頂けるのか、のらりくらりと 楽しみに伺いたいと思います。
楽しいひと時を、本当にありがとうございました。
 

金明竹

 投稿者:clap461  投稿日:2016年 7月24日(日)18時03分55秒
  昨日、3K辰文舎落語会に参加しました。
入口で師匠にお会いすることもできました。

2千円の木戸銭であそこまでやってしまうのは、すごすぎます。3時間でしたね。

文左衛門師匠の「時そば」取り直しがあったとはいえ、堪能できた会でした。

3人落語初めて見ました。ちなみにあれは誰の発案でしょうか。

一番意外だったのは、師匠、金明竹やらないんですね。
途中で思いだそうとしている師匠の姿は、普通の高座では
見られない姿ですよね。

小せん師匠も珍しくといわれてましたね。でもおかみさんが
青菜で登場にはみんな受けてましたね。あれはアドリブですか?

普通の高座では見られない貴重な機会をありがとうございました。

 

いろはに雑感・648

 投稿者:入船亭扇辰  投稿日:2016年 7月22日(金)23時55分37秒
  (い)濃い落語会が続きました。

   7月13日は「落語研究会」

   トリの出番だと伸び伸びできないのは、
   まだ経験が浅いせいでしょうか。

   ・楽々さま

    ご来場ありがとうございます。

    そうなんですよ、一之輔さんは好き放題演れるの。
    トリに廻れと言いたい。

   16日「しんうら寄席」

   始まった頃はお客さまが少なくてねぇ。
   今回は完売!

   地道に続けてくださったスタッフ、
   そして落語を愛してくださるお客さまのおかげです。

   17日「道楽亭」

   ・clap461さま

    お目にかかれて嬉しゅうございました。

    あれでも早い散会です。
    いつもは・・・。

   18日「ヒロロ寄席」

   ・みゅうさま

    ご来場ありがとうございました。

    いえいえ、落語なんてあんなものです。
    何も教訓が得られません。

    そこがいいのだと思います。

    母上さまに、くれぐれもよろしくお伝えくださいませ。

   21日「いはら寄席」

   ・よし乃さま

    色紙が当たりましたか!
    抽選したのは弟子ですよね。
    あたしは落書きをしただけで。

    あんなに静岡に伺っているのに、
    清水は初めて(たぶん)だと思いますよ。

    再訪の機会を心待ちにしております。


   皆さまのお書き込みに深謝申し上げます。

   どれだけ励まされることか。

(ろ)面白かった本

   「ぐうたら旅日記 恐山・知床をゆく」 北大路公子 PHP文芸文庫

    ※ 電車の中で読めません

(は)18日の「ヒロロ寄席」、飛行機で行く予定でした。
   ハワイアン航空機の事故で羽田空港の滑走路が使用できず欠航。

   急遽、新幹線で駆けつけることになりました。

   それでも開演時間の25分前に到着できるのが、
   かえって恨めしい・・・。

   と、思うのはお客さまには失礼ですが。
   身体の負担が増えるのは事実です。

   長距離の移動は疲れるんだ。

   東北新幹線のチケットを手配して、
   駆け込むように車両に飛び乗りました。

   ああ、これで一安心。

   「あはようございます」
   「・・・あれっ」

   一之輔師ではありませんか。

   偶然、同じ新幹線の同じ車両、
   しかも私の前の座席!

   扇辰 「どこまで?」
   一之輔「仙台です、兄さんは?」
   扇辰 「弘前なんだけどさ、飛行機が飛ばなくて・・・」
   一之輔「そりゃ、ご災難でしたねぇ」

   このへんで、何か胸にもやもや~っとしたものが。

   扇辰 「・・・今日、何日だっけ?」
   一之輔「18日でしょ」

   扇辰 「・・・明日から、ヨーロッパ行くんじゃなかった?」
   一之輔「ええ、そうですよ」(ケロッと)

   扇辰 「前日に仙台に日帰りするの?」
   一之輔「そりゃ、日帰りでしょ」
   扇辰 「・・・そんなに小金(こがね)が欲しいの?」
   一之輔「はい、欲しいですね」(間髪入れず)
   扇辰 「だって、明日からヨーロッパだろ?」
   一之輔「それが何か?」

   ヤツは丈夫なんだな。
   あたしだったら前日の旅仕事は受けませんよ。

   飛行機の欠航より驚きました。

   今頃、欧州のお客さまを魅了していることでしょう。

   一之輔、無事に帰ってこいよ~!

  
 

いはら落語会

 投稿者:よし乃  投稿日:2016年 7月22日(金)02時41分27秒
  抽選会で色紙が当たりました!ありがとうございます!!

鯉跳ねて、の句が当たったのですが
私は広島カープのファンなので喜び倍増です(笑)

私は富士・沼津・静岡(寿し鐵さん)の扇辰さんの会に行ったことがあるので
静岡県によく来てくれる落語家さんという印象はあったのですが、清水は初だったのですね。
何もない所ですが機会があったらまた来てください。










 

ありがとうございました

 投稿者:みゅう  投稿日:2016年 7月18日(月)20時56分50秒
  今日のヒロロ寄席昼の部にお邪魔させ いただきました。人生初の「落語を直接見て聞く機会」でした。

師匠の落語、特に「麻のれん」に母と2人で心を持っていかれました…
一緒に行った母が「よかった。行ってよかった。また聞いてみたい。」「すごいなあ」と帰りに何度も話してました。
私も師匠の言葉や所作の一つ一つに、ぽかっと口を開けたまま、見入って・聞き入ってしまいました。
師匠が「落語なんて…」ということをおっしゃっていましたが、私と母は「芸を極める人はすごい。勉強になるねえ…」と学びの1日でした。

片田舎からですが、母と一緒にこれからも師匠を応援していきます!
今日は素敵な時間を本当にありがとうございました。
 

/44