teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


【雑記】デジタルアンプ購入

 投稿者:Halo  投稿日:2017年 8月 8日(火)18時11分46秒
返信・引用
   PC作業用のBGMとゲーム音再生を今まではディスプレイ内蔵スピーカーもしくはPCアクティブスピーカー(夜やしっかり聞きたい時は耳掛けヘッドフォン)を使っていたのですが、さすがにこのスピーカーではちゃんとした音が出ません。
 そんなに大きな音じゃないんだからと思ってたんですが、やっぱり不満がありました。ただ、そのためにアンプ(SONYの重いもの)を使うのも何だし、手元で音量コントロールできないので使い勝手も良くないので使っていませんでした。

 そんなときに「手元で音量調節ができるアンプがあれば」と思ってちょっと探してみたところ、デジタルアンプというものがあるのに気づきました。
 音的には良いとか余り良くないとかいろいろ言われているのですが、「解像感があってそこそこ音量が取れる」とBGMとかゲームとかに使うには十分以上の性能がありそうなので、一つ買って手元で音量調節ができれば使いやすそうだと思ってちょっと調べてみたら、安いのは1000円前半台からあるということで、ちょっと必要な機能を上げて探してみました。

 まず必要な機能として「スピーカー(BOSEの101)をそこそこ小さな音で十分駆動できる」というものがあります。部屋でBGMやゲームなのでそれほど音量は必要ありません。小さな音で十分駆動できる方が重要です。なのでW数として必要だけ(10W程度)あれば大きなものは不要です。逆に高W数のものは小音量時の調節が面倒だから余りよくありません(どうせ大きな音は出さないんだから)。
 あと、DC12Vで動くことが重要でした。AC100VからACアダプタで駆動するんだったらどんな電圧でも良いのですが、私の場合DC12Vが使える環境(ソーラーで発電してバッテリーに蓄えた電気)があるのですから、それが使えれば使い勝手が良いです。
 次はできればPC無くても音楽再生できるというのがありました。これは必須ではないのですが、そんなに値段が変わらなければ付いているものを選ぼうという程度のものでした。まあそんなに使う機会はなさそうですが、あればそれに越したことはないくらいの感覚です。

 軽くて小さくて熱を持たないというのも重要な条件でしたが、デジタルアンプは総じてそんな感じなので、特に選択条件ではありませんでした。PC回りの小物が置いてあったりする場所に置くから、重かったり熱を持ったりするものはNGです。
 あと、オーディオで重要になる音は別に気にしませんでした。どうせBGMやゲーム音用途ですし、アンプといわれるものなら最低条件を満たしているだろう(それもこれの10倍の価格のアナログアンプと比較したら音が良いとか言われたりしますし)ということで。

 で、購入したのが「Kentiger HY-501」(2000円ちょっと欠けるくらい)です。20Wx2でちょっとW数が高いかと思っていたのですが、BOSEの101は効率が余り高いスピーカーじゃないので、これで十分良いラインでした(10Wx2でも十分そうでしたが、10Wx2は選択肢が少なかったからふるい落とされた)。
 車用と謳っているので電圧変動にも強いだろうし、過酷な条件で使われるのを想定しているだろうから部屋用としてもそんなに悪くないだろうし。

 使ってみたところ通常ボリューム位置は10時から12時位置程度(9時位置だと聞こえないくらい)で使うので、ちょうど良い出力ですね。12時位置超えるとうるさいくらいになります。
 ドラムのバスやベース音がちゃんと聞こえるのは良いですね。あと、音量にかかわらず音の出方が(小音量で高音低音が落ちるとか、音のバランスがずれるとか)余り変わらないのは良いですね。音量変えるたびにBASSやTREBLE調節するのも大変ですし(これはアンプ側の特性じゃなくてスピーカー側の特性だと思う)。
 あと、熱は全然持たないです。小音量で聞いているというのもあると思いますが、アンプなので少しは暖かくなるかと思っていたら、全然暖かくならない感じです。
 軽いのは良いのですが、ボリューム動かすたびに本体が動くのはご愛敬というか、何か重し置いた方が良いかというかって感じですね。

 BGM用途で今まで聞こえなかった音も聞こえるし、音小さくしてもしっかり鳴るのは嬉しいですね。BGM用として使うならやっぱりBGM向けのスピーカーは良いです。
 ゲーム音用途だとより迫力が出るというかリアルっぽいというかそんな感じになりました。今までは「音が出ているんだと判断する」って感じで音の善し悪しとかは度外視でしたから。
 
 

Re: 【雑記】もらってきた

 投稿者:Halo  投稿日:2017年 7月30日(日)15時02分37秒
返信・引用
  > No.469[元記事へ]

Haloさんへのお返事です。
あ、ISO400で撮影したのに気づいてしまった。色の再現性が低いかもしれません。
 

【雑記】もらってきた

 投稿者:Halo  投稿日:2017年 7月29日(土)23時38分6秒
返信・引用
   コンビニで買い物するのは何年ぶりだろう。  

【雑記】小動物園2/2

 投稿者:Halo  投稿日:2017年 7月23日(日)20時38分2秒
返信・引用
   次はリスです。
 今日は結構活発に動き回っていて、ちょくちょく網の所まで寄ってきていました。
 90mmのマクロレンズ持って行けば良かったのですが、今日は持って行かなかったのでマクロレンズでの撮影はできませんでした。
 このレンズで寄れるぎりぎりのところで撮影したのですが、目に網が映り込んでいるのが何か面白い。

 最後はフクロウです。
 このフクロウ、後ろが空に抜けていて非常に撮影しづらい場所なので、何回撮っても画になりません。
これもどうせ撮れないだろうと思って撮影したもので、普段なら没にする奴なのですが、半目空けているフクロウというのも中々見られないので残しておきました。

 今日は人が少なくて動物がよく動いていたので、マクロレンズ持って行けたら良かったのですが、今日は55-200mmと500mmの2本で行きました。春や秋なら水筒入れる場所にマクロレンズが入るのですが、この季節は水筒持って行かないと危険なのでレンズ置いてでも水筒は持っていくことにしています。
 新しいカメラバッグが欲しいと思っているのですが、中々このためだけに買うのも何だかという感じもあります(まあ、普通の動物園みたいに入場料払うと思えば、カメラバッグも買えるくらいなのですが)。
 

【雑記】小動物園1/2

 投稿者:Halo  投稿日:2017年 7月23日(日)20時24分26秒
返信・引用
   今日は昼間に雨が上がったので行ってきました。

 午前中雨が降っていて濡れていたためか、今にも雨が降りそうな空模様のためか、私が行った時は誰もいませんでした。
それ以降も一人二人といった感じで本当に空いていました。

 では写真です。すべて55-200mmでISO400で撮ったものです。

 まずはタヌキです。いつも通り歩き回っていましたが、時々休んでとかをしていたのでそのときを狙って撮影しました。
 これは多分二頭でお互いに毛繕いをしている時だと思います。

 次はアナグマ2枚です。
 最初のは撮影した時は気づかなかったのですが、ディスプレイでチェックしている時に舌を出していたのに気づきました。
 2枚目は網に寄ってきたところを撮影したのですが、アナグマの鼻って柔らかいんですね。
 

【雑記】カメラのレンズについて

 投稿者:Halo  投稿日:2017年 7月 7日(金)22時04分5秒
返信・引用
   動物撮影始めてまともに望遠系のレンズを使ってみたのですが、何か私のイメージ的にしっくりこないものがありました。何故かと考えてみたとき、私の撮影イメージの中に「望遠レンズ」というものが無いからと言うことが分かりました。

 普通だとズームの広角側から望遠側まで焦点距離を動かしていく内の望遠側(~超望遠側)を担うものという構図があると思います。
 私の場合はそういう意識で撮影していないため、望遠側という意識がなかったということです(いや、もちろん撮影出来ますし撮った写真も結構あります)。

 私の撮影イメージは「大きい物から小さい物」というイメージで捉えていて、大きいものは広角で撮影、小さいものはマクロレンズで撮影しているということが分かりました。
 つまり画角イメージじゃなくて対象物イメージで撮影しているため、小さい物撮るときは寄ってマクロ、大きい物撮るときは広角レンズ(私の場合は広角ズームがそれに当たる)となります。
 広角の対極がマクロというちょっと変わった捉え方のようです。

 だから私の場合、一番よく使うレンズが小さいものを撮るマクロレンズと、大きいもの(風景含め)を撮る広角レンズが一番よく使うレンズとなるわけです。
 私のシステムだとマクロは35mmF3.5、広角ズームが9-18mmF4.0-5.6です。これでほぼ私が撮りたいと思っていたもの全て撮影出来るといった感じです(標準は余り使いませんが、カメラに付いていた14-45mmF3.5-5.6があります)。
 マクロはタムロンの90mmF2.8もありますが、これは寄るときにスナップ的に撮影出来ないので、常用としてはきついです(三脚必須だから)。広角との繋がりも悪いし、重くて持ち運びも大変。まあ、これでしか取れないものもあるので、重要なレンズですが。

 このイメージで撮影していると、普通の人が「マクロレンズは特殊」というイメージが、私の場合は「望遠~超望遠は特殊」というイメージになっているのだと思います。だからレンズを持っていても余り使わないと言ったことになっているようです。

 動物撮影をしていて、やっと望遠レンズというものが分かってきたような気がします。でも、扱いづらいって意識は多分抜けないでしょう。常用レンズじゃないのですから。
 

【雑記】ちょっとした工作

 投稿者:Halo  投稿日:2017年 6月28日(水)23時49分24秒
返信・引用
   カメラ本体のストロボを炊かずに外部ストロボを使う場合、下記URLのホットシューアダプタとシンクロコードを使う必要があります。ただ、カメラのストロボを使っても被写体に影響が出なければいいという場合は、こういう物があると便利です。

 写真1はただ厚紙を折って内蔵ストロボの形に合わせて切り込みを入れたものです。厚紙の後ろ側に磁石を両面から付けていますが、これはただのおもりですので別に磁石である必要はありません(手近にあったので磁石を使っただけ)。
 写真2はこれに内蔵ストロボを穴に通して磁石の重さで固定したものです。これだけで内蔵ストロボの光を被写体に当てずに、かつ他のストロボにシンクロ信号としての発光させることができます。

 簡易的で、かつ短距離、暗い時に撮影することに気をつければ、これでも十分シンクロ発光してくれて、内蔵ストロボの影響を被写体から取り除くことができます。
 この写真はC-2500L使って内蔵ストロボをシンクロ代わりに発光させてその光を遮断していないので、E-300の手前側がテカって余り良い感じで撮れていませんが、E-300でこのシステム(というほど大げさなものじゃないですが)を使えばその邪魔な光が入ることはなくなります。

 特に金属とかガラスとか反射するものがある時に有効に使えると思いますし、そうでない場合も正面光がいらない場面で使えます。

http://amzn.asia/iniSaH2

 

【雑記】小動物園(3/3)

 投稿者:Halo  投稿日:2017年 6月25日(日)18時12分0秒
返信・引用
   次はコハクチョウです(200mm)。別にコメントするほどの写真じゃないけど、逆光気味で羽が透けて綺麗でした。

 次はウサギです(200mm)。暑い時間はみんな小屋にいたんですが、少し陽が傾いてきたら出てきていました。このときはレンズ55-200mmにしていたので、これで撮りました。
 

【雑記】小動物園(2/3)

 投稿者:Halo  投稿日:2017年 6月25日(日)18時06分14秒
返信・引用
   次はハクビシンです(500mm)。このハクビシン、いままではずーと寝てばかりだったのですが珍しく歩き回っていました。で、タヌキと同じく人に気を取られた時を狙って撮影できました。
 ただ、タヌキほど回りが気にならないのか、人が近寄っても気にせず歩いていることが多かったです。そのためなかなか撮影できなくて苦労しました。

 次はホンドテンです(200mm)。このテンもずっと寝ているかせわしなく歩き回っているかで、なかなか撮影させてくれませんでしたが、歩き回ったあと疲れて寝に戻ったところを撮影できました。

 次はクジャクです(200mm)。クジャクは余り動かないので撮影しやすそうですが、結構目を閉じていることが多くなかなか絵になりません。
 このときは座り込んでいたので、場所は動かなかったのですが、羽繕いし終えて頭持ち上げた時を撮影しました。このあとすぐ目を閉じてしまいました。
 

【雑記】小動物園(1/3)

 投稿者:Halo  投稿日:2017年 6月25日(日)17時53分5秒
返信・引用
   今日は三脚もって小動物園に行ってきました。さすがに500mm/F8のレンズで手振れのある中の撮影だとなかなか大変だと思ったためです。

 使ってみての感想ですが、さすがに手振れはなくなりました。置きピンで待つには楽です。ただし、その分移動する時は(三脚の重さと大きさの分)大変です。位置決めてずっと同じ場所で待つには良いですが、あちこち移動する場合はいまいちです。
 ヒット率が上がった分撮影した中での当たりは多くなりましたが、余り動かなかった分撮影枚数は減りました。結局使えるのはそんなに変わらないといった感じでした。

 ということは三脚使わずに枚数撮った方が(三脚持ち歩かない分)楽だなぁといった感想です。ただこれは重たい三脚(確か1.7kg)だったので、もっと軽い三脚ならまた話は違ってくるかもしれません。
 そのうちにストロボ用に安い三脚を購入するつもりなので、それを持って行ってテストしてみようと思います。

 今回もレンズは500mmと55-200mmの2本での撮影です。

 まずはリスです(500mm)。このリス、だいたいこの木の枝にいるので撮影は楽です。スマホで撮影している人もいるくらい、網に近いところで休んでいる時も多いです。

 次はタヌキ2枚です(500mm)。このタヌキはだいたいせわしなく歩き回っているので、なかなか撮影できません。これは網の近くに人が寄ってきた時にそれが気になって動きを止めた時です。特に子供とかの場合は(声の大きさだか高さだかで)よくそっちの方が気になるのか止まって見ます。
 

レンタル掲示板
/45